カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. その他 >
  6. 今日から実践できる!睡眠時にできる簡単カロリー消費方法でダイエット★

美容・ダイエット

今日から実践できる!睡眠時にできる簡単カロリー消費方法でダイエット★

ちょっとしたダイエットをしたい!でも、運動をするには時間も無く、食事を制限するにはストレスがたまって逆効果…。
結局いつもちゃんとしたダイエットができず、カロリー摂取ばかりしてしまって、困ってしまう!そんな気持ちになったことはありませんか?
そんな方に、今日からできる睡眠の時間を使って簡単カロリー消費方法をお伝えします★ぜひお試しください!!
 

◆眠るときには部屋を真っ暗に★

いつもは電気をつけていたり、スマホ・パソコンの電源がついていて明るくなっていたり…部屋は明るくしていないと眠れない!という方もいますが、部屋を暗くすることで、脂肪細胞の“褐色脂肪細胞”が増え、この褐色脂肪細胞によってエネルギーを消費させ、脂肪を燃焼させてくれることが解っています。
 
この褐色脂肪細胞は暗い部屋や室温の低い部屋で、増えることが解っているので、睡眠時には部屋を暗くすることが効果的だといえます。
しかし、あまりに室温が低すぎると、かえって体への負担が増え、別の病気や症状を引き起こすきっかけになってしまうので、部屋を冷やしすぎないことにも注意をしましょう。
 

◆どうしても…の夜食にはコレ!

睡眠前はどうしても小腹がすいてしまいます。よく睡眠前には食べてはいけないという話を聞きますし、実際に睡眠前にガッツリ食べてしまうと、それだけ胃にたまり、脂肪へと変化してしまいます。
しかし、どうしても小腹がすいて眠れない、何か食べないと気が済まない…そう思う方には、唯一可能な夜食として、これらがおすすめできます。それが【プロテイン・ゆで卵・フルーツ】です。
 
それぞれ摂取カロリーは150キロカロリーに抑えてください。プロテイン系や炭水化物であれば、睡眠時に胃へ与える負担が軽減されます
しかし、これは、普段からしっかりと運動を行っている場合に言えることです。いつも運動をしているという方は、寝る前に少し食べることで、翌朝の代謝機能を活発に働かせることができます。
 
その時の理想な食べ物としてプロテインや卵などがあげられます。
毎日アクティブに運動されるのであれば、夜食を少量食べることは、かえって代謝機能を高めるには効果的かもしれません。
 
上記の方法以外にも、睡眠前にお水をコップ1杯飲む!という方法や、熟睡できる空間を作るなどの対策もカロリー消費に良い影響を与えてくれると考えられています。
普段の生活でもカロリーを気にすることは大切ですが、気にしすぎた結果ストレスになってしまっては意味がありません。
寝ているときこそ、ストレスフリーでカロリー消費できるように心がけましょう。
 
 (Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

どうして秋になるとお腹が空くの?知らなかった!秋の食欲増加には3つの原因があった!

運動の秋、芸術の秋とさまざまな秋がありますが、食欲の秋もその一つです。秋になる...

ダイエットのときの夜食にはこれだ!

    夜型の人間が増えている中、夜食との付き合い方はとても重要なのでは...


健康・ダイエットのためにお弁当を作ろう!

    働いているサラリーマンやOLにとって、お昼ご飯に何を食べるかとい...

ダイエットにおけるストレスの悪循環 ストレスはこまめに発散!

  痩せたいからダイエットをしているのに、ダイエットをしていることがストレスに...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る