カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 薬物療法 >
  5. 高血圧改善に利用されるお薬とは?メタボリックシンドロームの薬物療法

生活習慣病

高血圧改善に利用されるお薬とは?メタボリックシンドロームの薬物療法

メタボリックシンドロームは、ウエストが男性の場合85cm以上、女性の場合90cmであり、高血圧・高脂血症・血糖値が高い、3つのうち2つが当てはまると診断されます。メタボリックシンドロームになってしまうと、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞を起こすリスクがグンと上昇します。今回は、メタボリックシンドロームの診断基準の1である高血圧の治療に利用されるお薬についてご紹介します。

 

高血圧だと何が悪いの?

高血圧が続くと血管に負担をかけます。高脂血症によって、コレステロールが血管の壁につき血液の通り道が狭い、血糖値が高いことによって血管がもろいところに血液が勢いよくぶつかると、血管が破れてしまう可能性が高くなります。これが高血圧が続くと悪いといわれる理由です。

 

高血圧の治療に利用されるお薬

高血圧を改善する際に、降圧薬を利用します。このお薬の原則は1日1回投与し、服用初期は低用量から始めます。ただし、量を増やす際には 1日2回投与を行う場合もあります。副作用を起こさないように、いくつかの降圧薬を組み合わせて処方されることが多いです。現在、使用されている主な降圧薬はカルシウム(Ca)拮抗薬、レニン・アンジオテンシン(RA)系抑制薬に分類されるアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)があり、利尿薬としてはサイアザイド系(もしくは類似薬)、カリウム保持性利尿薬、ループ利尿薬、β遮断薬(αβ遮断薬を含む)、α遮断薬があります。

 

以上が高血圧を改善するお薬です。ただ、高血圧の改善には生活習慣の改善が重要となります。実際、降圧薬が使用されるのも、生活習慣の改善を行っても改善されない人に対して行われます。お薬が処方された際はお薬だけに頼らず、生活習慣も整えてましょう。

 

 

(Photo by //www.ashinari.com/2013/08/29-381405.php)

著者: いおさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬物療法に関する記事

日本での認可が待ち遠しい肥満防止薬!マジンドールとジブトラミン

メタボリックシンドロームに対する薬物療法というのは、メタボを直接治すというよ...

脂肪燃焼をサポートしてくれる貴重な漢方薬「田七人参」 これに含まれるサポニンの効果って?

  飲むだけで脂肪がなくなるといった薬は、残念ながらありません。しかし食事や運...


メタボ対策に漢方薬?食事や運動の効果を増大させる!九味半夏湯加減方の効果とは?

  メタボリックシンドロームの治療には食事や運動が基本です。というのもメタボリ...

色々な点から肥満に効く!肥満症に用いる有名な漢方薬「防風通聖散」って?

  メタボリックシンドロームというのは、内臓脂肪の増加によって、生活習慣病を発...

カラダノートひろば

薬物療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る