カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 臍帯血バンク >
  5. 公的臍帯血バンクが警告!?民間臍帯血バンクのリスクを知っておこう

妊娠・出産

公的臍帯血バンクが警告!?民間臍帯血バンクのリスクを知っておこう

 

さい帯血バンクの内、第三者への提供を目的とした公的臍帯血バンクが、民間臍帯血バンクのリスクを警告しました。どのようなリスクがあるのか、どんな警告をされたのか、そして民間臍帯血バンクではどのような対策を取っているのかを見てみます。

 

●適切な保存に関する警告

さい帯血は、厳重な管理下でしっかりと保存を行わなければなりません。さい帯血を病気の治療に使うようなときは、抵抗力が非常に弱っているので、ちょっとだけ混入した菌にも体が負けてしまう可能性が高いからです。民間の臍帯血バンクのすべてに一定の保存基準があるわけではなく、品質管理の適正化が保たれない危険性があります。移植をしようと思っても、さい帯血に菌が入り込んでいることで使えない、結局意味がないという結論にもなりかねないのです。

 

●細胞数が足りない可能性

さい帯血を利用するためには、さい帯血の中に体重1kgに対して2000万個以上の細胞が必要です。細胞数が足りない場合は、品質管理が悪い場合と同様に、せっかく採取したさい帯血が使えない可能性があります。

 

●民間臍帯血バンクの工夫

民間・私的さい帯血バンクでも、このような状況を受け、何の改善もしていないわけではありません。まず細胞数については、文書や口頭を通して確認しているケースが多いです。次に、保存についても各バンクでの工夫が行われています。細胞分離施設や細胞保管施設の技術を、先進国のアメリカと同技術にするなどです。

 

 

公的バンクは、民間の臍帯血バンクの安易な利用に関しての警告文を出しました。

実際に、保管の質や細胞数にまで気を配らない悪質なバンクもあるので、民間のさい帯血バンクを選ぶときには注意が必要です。

 

 

(Photo by:pixabay )

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

臍帯血バンクに関する記事

いま病気で苦しむ人たちのために。臍帯血バンクに登録しよう!

知っていますか?「臍帯血(さいたいけつ)」のこと 「臍帯血」とは、赤ちゃんとお...

未来を生きる子供たちへ。臍帯血の私的保存について

  いま、臍帯血によるさまざまな病気の治療方法が研究されています。 「臍帯血」...

お金・各種制度の体験談

どこにしよう?妊娠中に学資保険選び

自分の保険のこともいまいちよくわかっていない私なのですが、子供のためにできることの一つとして学資保険...

家計の見直し!赤ちゃんが生まれてからの生活費のために

今夫婦2人で生活費がギリギリです(笑) 毎月積み立てはしてるので少しの貯金は出来ていますが、赤ちゃ...

カラダノートひろば

臍帯血バンクの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る