カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 時間帯 >
  6. ダイエットをより効果あるものにするために!カロリー消費しやすい体を作るために出来ること

美容・ダイエット

ダイエットをより効果あるものにするために!カロリー消費しやすい体を作るために出来ること

 
ダイエットをしてもうまくいかない、ついつい自分に甘く途中で断念してしまう…そんな悩みを感じたことはありませんか?
ダイエットをするにも、カロリー消費をしやすい体と、カロリー消費をしにくい体とでは、同じダイエット時間・ダイエット内容でも、消費するカロリーに差ができてしまいます。
カロリー消費をしやすい体作りをすることから、まず初めてみましょう!
 

◆体内に酸素を取り入れる生活を…

よく、運動を行うには有酸素運動が良いといわれています。有酸素運動とは、体を鍛える目的の運動ではなく、体内に酸素を沢山取り入れることが出来る運動を示しています。
激しい筋力トレーニングなどを行うのではなく、ジョギング・ウォーキング・水中ウォーキングなどが効果的です。有酸素運動をすることで、体内に沢山の酸素を取り入れることができ、脂肪燃焼・血行促進などの効果が得られます。
 

◆筋肉量を増やそう!

体の筋肉量が多いと、それだけ脂肪燃焼させることが出来ます。脂肪を燃焼させるためには筋肉が必要です。
そして、筋肉量が沢山ある方は、寝ている間にも基礎代謝を高め、カロリー消費をすることができるので、生活の中でカロリー消費をする時間を多くとることが出来ます。
 
筋肉は脂肪より重たいので、体重の数値だけみると、脂肪体質の方が軽いのですが、筋肉は体を引き締めてくれる効果や、脂肪燃焼をするためには必要不可欠なものなので、体重の数値にこだわらず、きれいな体・ラインを目指しましょう。
 

◆規則正しい時間にしっかり食事をとること!

ダラダラと間食ばかりしている生活をやめ、規則正しい食生活を心がけましょう。朝・昼・晩と、しっかり3色食べることも大切です。中には朝ご飯は抜いてしまうという方もいますが、朝ご飯の摂取の有無によって体の健康やその日の活動力、体の様々な機能の働きがかわってくるほど、大きな鍵を握る食事タイムです。
 
ご飯を抜いたり間食ばかりしてしまっては、胃の運動が常に働いている状態であったり、体への悪い影響故に、しっかりとした代謝機能を果たせなくなります。
体そのものを根本的に健康で、規則正しい体にすることが、最終的に様々な良い働きへとつながり、結果、体のカロリー消費へともつながっていきます。
 
カロリー消費しやすい体にするということは、体そのものが健康で、様々な機能を正常に働かせることが出来る状態であることが大切です。
そして適度な運動をし、食べる食事・食事の時間などに気を使い、睡眠時間の確保や、質のよい睡眠を得ることで、体本来の美しさを作り出すことが出来ます。
 
(Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

時間帯に関する記事

カロリーの消費が多い時間帯がポイント!昼の炭水化物ダイエット

痩せるためには、食べたカロリーを体の中に残さず消費してしまうことが第一条件です。...

痩せ時間に食事をして効率よくダイエット☆

  食事の量は多くないのに、どうして痩せないんだろう?と悩んでいる人はい...


「BMAL1」を意識して、時間帯に適した食事内容

時間帯に適した食事内容 「夜多く食べると太る」とか「寝る前は食べないほうが...

ダイエット中でも「BMAL1」を味方に付ければ間食できる!

ダイエット中でも間食できる 「ダイエット中の間食は絶対にダメ」これがダイエット...

カラダノートひろば

時間帯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る