カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 血圧 >
  5. 妊娠で血圧があがる!?

妊娠・出産

妊娠で血圧があがる!?

妊娠すると一般的に血圧は低下しますが、上昇することもあります。

 

妊娠高血圧症候群

何らかの理由によって血圧が上昇している状態のことで、母体の要因では高年齢の妊娠や肥満などがあげられます。

 

妊娠高血圧症候群は脳出血や肺水腫、腎機能障害など様々な重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

 

症状も軽症から重症までありますが、妊娠32週目までに発症する早発型のものは合併症の頻度が高いうえに、胎児の発育が障害されていることが多いので注意が必要です。

 

 

治療と予防

この疾患に罹ってしまった場合の根本的な治療はターミネーションと呼ばれる妊娠の中断です。

 

母体の安全を確認しながら、適切な分娩時期を決定していきますので、妊娠を継続するためには詳細で連続的な母体の観察が必要になります。

 

また、合併症などの症状が現れた場合には、母体や胎児に影響が出ない程度に対処療法が行われます。

 

妊娠を継続させるためには妊婦さんでも安全に使用できる降圧薬を服用したり、塩分の少ない食生活に改善したりするなど、血圧を下げることが大事になります。

 

子癇(しかん)による症状も妊娠高血圧症候群を悪化させてしまうため、安静にしたり発作の予防薬を服用したりすることもあります。

 

・(Photo by http://pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/29/12/21/awaiting-19026_640.jpg)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

血圧に関する記事

米国の研究で判明!チョコレートで妊娠中毒症を予防できるって本当?

妊娠中にビターチョコレートを食べることが、妊娠高血圧または妊娠高血圧腎症とい...

妊娠高血圧症候群の治療に『β遮断薬』は胎児に悪影響?!『マリンペプチド』の有効性

妊娠高血圧症候群とは、妊娠20週以降に高血圧があらわれ、産後12週までに血圧...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

血圧の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る