カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. その他 >
  5. 気になる「妊活」65%の妊婦さんが経験あり!?妊娠に至るまでの体験談

妊娠・出産

気になる「妊活」65%の妊婦さんが経験あり!?妊娠に至るまでの体験談

最近、メディアでも目にすることの多くなった「妊活」。気になるけれど人には聞きづらい感じもしますよね。実際のところ妊婦さんが「妊活」をどう捉え、どう向き合ってきたのか、「カラダノート」内の、妊娠なう向けコーナーにて「妊活についての調査」を行い、妊婦さん668人から寄せられた回答、妊娠に至るまでの体験談をご紹介いたします。

 

65%の妊婦さんが「妊活」していたと回答

「妊活」を行いましたか?(積極的に妊娠を意識した行動全般、不妊治療に限らず)という質問に対しては、65%の妊婦さんが「はい」と回答しました。

回答時の年齢別では10代で60%、20代で62%、30代で73%、40代で83%が妊活を行ったと回答しました。積極的に妊娠を意識した行動(妊活)によって妊娠に至った人が半数以上であり、年齢が高くなるほどその傾向が強くなっていることが分かります。

 

具体的には「定期的な営み」と「排卵日の予測」

「妊活」としてどんなことをしましたか?(複数回答可)という質問については、以下の結果となりました。

上位には妊活の基本となる「定期的な営み」や「排卵日の予測」、「妊娠のための知識をつけること」、そして血行を促進しホルモンバランスを整えるための「冷え対策」が並びました。

 

「排卵日の予測」については様々な声が寄せられました。「パートナーにはっきり伝えた」という人がいる一方で、伝えづらい・お互いのプレッシャーとなる・義務的になるのが嫌だといった理由から「あえて伝えずいつも通りにした」、「排卵日だということは伝えず自分からムードを作った」という人も。また「義務的にならないよう排卵日に旅行やお出かけをしていた」、「排卵日は毎月旦那さんに伝えづらかったので家族共有カレンダーアプリに登録していた」という妊婦さんもいました。

 

<さまざまな「妊活」エピソード>

妊娠に至るまで「フレッシュジュースを毎日つくって飲んでいた」(30代)、「毎朝の体操と夕方1キロのランニング」(30代)と体づくりに励んだという声や、「妊婦友達をまたいだ」、「友人に陣痛の時に富士山を書いてもらった」(30代)と友人にあやかろうとした、験を担いだという声もありました。

 

妊婦さんのうち、医療機関を受診していたのは15%(パートナーの受診も含む)

妊活として「医療機関を受診していた」のは98人と、アンケートに回答した妊婦さん668人のうち15%でした(パートナーの受診も含む)。

 

妊活期間別では2年以上の方の67%が医療機関を受診(パートナーの受診も含む)しており、妊娠までの期間が長くなるほど受診する方が増えることが顕著でした。

<受診していた妊婦さんから寄せられた具体的なコメント>

・「妊娠に関してパートナーと深く話し合った」(20代)

・「妊娠を希望してすぐに不妊症の検査を受けた」(30代)

・「主人との絆が強くなったなと痛感しています」(20代)

・「仕事をしながら病院に通うのが大変だった」(20代)

・「人と比べてしまい、それがストレスとなった」(30代)

・「周りで不妊治療をやっている人は全然おらず、相談できる人もいなくて旦那に八つ当たりしたり、毎日治療のことで頭がいっぱいで頻繁に泣いたり、ストレスフルな毎日だった。旦那が協力的だったのが唯一の救いで最後まで頑張れた」(20代)

 

妊婦さんからは「妊活について知識がなく遠回りした。今は妊活の大切さを知ってもらうために、積極的に周りの人に自分の体験を言うようにしている」(30代)と、妊娠に至るまでの自分の経験を伝えたいという声も寄せられていました。

 

「妊活」の捉え方、向き合い方は人それぞれですが、妊娠について正しい知識を身につけることは大切です。

 

今後もカラダノートでは、先輩妊婦さんの体験、妊婦さんが気になる悩みや不安をテーマに取り上げていきたいと思います。 

 

----------------------------------------------

■カラダノート「妊活についての調査」

・調査期間:2014年5月12日~2014年5月25日 より

----------------------------------------------

(Charts・Photo by: カラダノート)

著者: カラダノートさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

STD(性感染症)から不妊症の原因になり得る「卵管留膿腫」とは?

STD(性感染症)を治療せずにほっておくと、不妊症や子宮外妊娠の原因になります...

不妊治療のための病院の選び方の重要ポイントとは

   不妊かな?と病院に行こうと思った時、病院選びに迷ってしまいませんか?そんな...

その他の体験談

まさか…2人目妊娠!?酒が好きだから年末年始が終わってから妊娠したい

壮絶な出産から1年2ヶ月経ち、娘ちゃんはだいぶ赤ちゃんから幼児になってきました♪( ´θ`)ノお座り...

母のありがたみ

先日私の家に母がやってきました。甥っ子が暇を持て余しているということで、甥っ子をつれてわたしのところ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る