カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 食べ順・食べ方 >
  6. 毎日出来る簡単☆カロリー消費術!野菜は温野菜に!どんな時でもお水を飲もう!

美容・ダイエット

毎日出来る簡単☆カロリー消費術!野菜は温野菜に!どんな時でもお水を飲もう!

 ダイエットをしようと思っていても、なかなか継続できないカロリー消費より摂取の方が多い…そんな悩みを抱えている方は多く、思っている以上に続かないことが多いようです。
毎日無理なく出来て、とにかく継続できる!費用もかからず、手間もかからない、そんなカロリー消費術をぜひ身に付けてみましょう!!
 

◆どんな時でもお水を飲もう!

のどが乾いたときには、ジュースなどではなくお水を飲むようにします。たったこれだけのことですが、カロリーを消費させるためにはお水は必要です。
体から蒸発してしまった汗をしっかり補うためにも、水分は必要ですし、水分をとることで、ある程度の満腹感を感じることが出来ます。
 
料理でもお水を多く含むお粥やリゾットなどを食べると、水を含み、膨張するため沢山食べた気分になれ、消化も早く胃への負担も少ないです。
食事の前にもお水、外出時にもお水、寝る前にもお水、水をのむ生活を習慣づけると、体にとってもプラスの影響が出てきます。
 
しかし、過剰に飲むことは厳禁です。あまりに沢山飲み過ぎると、かえって浮腫の原因などになってしまいます。
 

◆野菜は温野菜にして食べるとGOOD!

野菜を積極的に食べることはとても良いことで、野菜に含まれる栄養素が、カロリー消費に効果的なものもあり、毎日野菜を取り入れる生活を送ってほしいものです。
野菜を食べるときには、焼いて食べることも良い方法で美味しいのですが、炒めたり焼いたりする際に使う調理油のカロリーや味付けを考えると、焼く方法よりも、【温野菜】として食べる方が栄養価も高く、食べやすくなります。
 
生野菜は体を冷やしてしまう効果があるので、生ではなく、できるだけあたためて食べるようにしましょう。
温野菜にすることで、ドレッシングなどをつけなくても野菜本来の甘みがグッ引き出され、そのままで食べることが出来ます。
温野菜であれば柔らかく、甘みが増すためお子さんも食べやすくなりますし、調理家庭もラップに包んでレンジで温めるだけで出来るので、簡単で便利です!
 
カロリー消費に着目して、いろいろな取り組みをしてみても、それが“継続”出来なければ意味がありません。
毎日続けることで効果が出てくるので、数日でやめてしまうような対策は事前にたてないようにしましょう。
精神的にも肉体的にも、経済的にも無理なく行える範囲で考えて生活に取り入れてみましょう。
 
 (Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食べ順・食べ方に関する記事

話題の朝抜きダイエットと朝しっかり食べてのダイエット!効果が高いのは?

昔から規則正しい生活として、1日3食食べることは基本で、中でも朝食をしっかり...

痩せる体質って存在するの?リバウンドを防ぐために…痩せる体質を作るコツとは?

ダイエット経験者であれば、多くの人が悩むのがリバウンド。 せっかく目標体重をク...


鍋に潜む、「ダイエットの落とし穴」知ってる?知らないと逆に体重が増えてしまうかも!

鍋でダイエットは出来るでしょうか? 体を温めてくれて、たくさん野菜をとれ、肉の...

朝食をしっかり摂るメリットと、朝食を抜くメリットは?ダイエット効果の違い

朝食は食べる方が良いとする意見と、朝食は抜くと良いという意見に分かれますが、...

カラダノートひろば

食べ順・食べ方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る