カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. ストレス >
  4. 解消・発散 >
  5. 夏ストレスの予防・回復に大切な「3R]!夏に頑張りすぎてしまうあなたは絶対に覚えておこう!

メンタル

夏ストレスの予防・回復に大切な「3R]!夏に頑張りすぎてしまうあなたは絶対に覚えておこう!

 

楽しいイベントが盛りだくさんの夏ですが、楽しむと同時に、きちんと休んでいるでしょうか?

本格的に暑さが増してくると、体調を崩すことが気になる人もいると思います。

「暑さに弱い」「夏はいつも体調を崩す」という人もいるでしょう。

しかし中には、精力的に活動をしていて体調が崩れる人、しっかり夏を楽しんだ後に何となくだるくなってしまう人もいます。

 

フルパワーで突っ走ると体にストレス!

上記のように夏のレジャーや遠出などで夏を楽しんだことで、「楽しみ過ぎた」「精力的に活動しすぎた」ことで疲れてしまうことがあります。自分の上限以上に、フルパワーで遊んでしまったり、場合によっては仕事をしてしまったりすることで、疲れてしまうのです。これは夏バテではなく、夏ストレスといいます。

夏は開放的な季節ですので、「暑さに負けないで頑張るぞ!」という気持ちが大きくなる傾向があります。そのため、知らない内に体がストレスを感じてしまうのです。

 

夏ストレスに大切な3Rってなに?

このように、知らぬ間に体を酷使して遊んだり仕事をしたりすると、体もそうですが心が疲れてしまいます。心の疲れというのは体の疲れと違って簡単に回復できない場合があります。ですので以下のことを参考に、ストレスに対処してあげましょう。

 

・Rest(休息)

疲れたと思ったら、あるいは思う前に体のことを気遣って、無理せずに休むことが必要です。「これくらい大丈夫」と思うのは自分だけで、自分の体や心は大丈夫ではないかもしれません。しっかり食べて、しっかりと入浴し、しっかりと睡眠をとりましょう。

 

・Recreation(余暇・娯楽)

自分の好きなことに没頭しましょう。没頭しすぎてエネルギーを注ぎ込みすぎてしまうのは違いますが、体や心が疲れない程度に好きなことをすることで、脳が活性化します。

 

・Relax(癒し)

自分が落ち着ける場所、時間を持ちましょう。自宅でボーっとするのでもよいですし、森林浴に行ったり、温泉に行くのでもいいです。アロマでリラックスする方法もありますし、ストレッチなどをすることでもリラックスできるでしょう。

 

暑さが増してきたときに「夏バテかな」と思って、夏バテへの対処法をしても症状が改善されない場合には、もしかしたら夏ストレスかもしれません。その場合には対処法を変えて、しっかりと体と心を休めてあげるようにしましょう。

 

 (Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

解消・発散に関する記事

笑うことがうつ病対策に

    ■人の身体にはストレスを解消する機能があり、 その最も効果の高...

よく喋りよく笑うことは健康の素!好きなことをしてストレス解消

リラックスするために暴れちゃおう!リラックスするためにはその前に適度な疲れも必要...


頭痛はストレスから来てるのかな、対処法は有るの??

人間は多少のストレスには耐性がありますが、度重なったり、自分だけがその苦難に...

テスト前の現実逃避はストレスの現れ?勉強ストレスを解消するためには

中高生、場合によっては大学生にも共通する悩みが『勉強』に関する悩みです。 勉強...

カラダノートひろば

解消・発散の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る