カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 肩の骨端線損傷でも運動がしたい!より早く回復するためには?

育児

肩の骨端線損傷でも運動がしたい!より早く回復するためには?

 

野球の投球時に肩が痛かったり、肩にだるさがある場合は、肩の骨端線損傷の可能性があります。

骨端線損傷は子どものうちにだけ起こりやすい骨折で、11-13歳は注意年齢とされています。

 

●ストレッチや体幹トレーニング

骨端線損傷は多少の痛みを伴い、物理療法などでのしっかりした治療が必要です。

その間一時的に、野球など肩に影響のあるスポーツを休まなければいけないことも考えられます。

骨端線損傷から早くチームに復帰するためにやっておきたいことのひとつが、ストレッチや体幹トレーニングです。

骨端線損傷によって肩が硬くなっていることが多いので、ストレッチや体幹トレーニングで肩の柔軟性を得ます。

一例を紹介します。

1. うつ伏せになって肘を曲げる

2. その状態から肘と足の指先だけを床につけ、体全体を浮かせる

3. この状態を15秒程度続ける

4. 1日10回を目安に行う

注意点:背中を反ったり丸めたりしない。肩に痛みが出てきたらやめる。

 

●試合への復帰のために下半身トレーニングも

肩の骨端線損傷から、早く試合に復帰するためには、下半身のトレーニングも有効です。

というのも、しばらくスポーツをしないと、肩や腕だけではなく全身の筋肉が弱ります。

その状態では、せっかく肩の骨端線損傷が治ったとしても、試合に復帰できない可能性があるのです。

下半身のストレッチ、下半身を中心にしたトレーニングで、普段から体を鍛えておきましょう。

 

肩の骨端線損傷を起こした場合、1-2か月は投球を禁止される可能性が高いです。

2か月後までは下半身のストレッチを中心に、その後徐々にリハビリで体幹トレーニングなどをしながら、3-5か月後の復帰を目指して頑張っていきましょう。

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2014/03/18-387147.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

子どもが動物に噛まれた!基本の処置と注意すべき感染症

子どもが動物に噛まれるトラブルは少なくありません。特にペットとしても身近な犬...

急に倒れることが多い我が子…いったい何の病気なの?

子どもは大人よりも抵抗力が弱いですが、案外丈夫で強いところもあります。そのため...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る