カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. むくみケア >
  4. >
  5. 水分不足が顔のむくみを引き起こす!?脱水状態からの水分補給が危険なのは何故?

美容・ダイエット

水分不足が顔のむくみを引き起こす!?脱水状態からの水分補給が危険なのは何故?

 

女性の約9割が経験したことのある、夏のトラブルがあるのを知っているでしょうか。それが顔のむくみです。紫外線によるトラブルであれば、想像ができると思いますが、「顔のむくみ」と夏というのは、いまいちつながらないかもしれません。

 

水分不足がむくみにつながる

むくみというのは、体の中の水分がうまく排出されず、余計な分が停滞して起こるものです。そのためむくみの原因というと、水分の摂り過ぎという印象があります。しかし、実は水分が不足している状態も、むくみを引き起こすというのを知っているでしょうか。いわゆる脱水症状によるむくみです。

 

なぜ脱水がむくみになるのか

脱水とむくみというのは、一見すると正反対のことのように思えます。なぜ脱水がむくみにつながるのでしょうか。

そもそも人の体は気温の変化に応じて体を変化させます。

夏の暑さに対しては、血管を太くして血流量を増やし、皮膚の表面温度を上昇させて、体の中から熱を逃がそうとします。そして同時に汗をかいて蒸発させ、どんどん熱を放出しようとします。

脱水状態になっても放っておくと、この体温を下げる汗を作り出すための水分が不足してしまいます。そうすると、体は体温のコントロールを優先しようと判断します。その結果、本来尿として出される水分を極力減らし、汗の方に水分をまわそうとします。

このときに分泌されるのが「抗利尿ホルモン」というホルモンです。これによって尿の量を抑えます。この抗利尿ホルモンというのが厄介なのです。

 

抗利尿ホルモンの持続時間

抗利尿ホルモンというのは、一度分泌されると数日分泌が続きます。そのためこの抗利尿ホルモンが分泌された状態で、脱水の状態を体や喉が感じ、水分を慌てて摂取してしまうと、その水分が尿になれないため、体に残り、むくみの原因になってしまうのです。

 

むくむことが嫌でも、過度に水分の摂取を嫌っていては、逆にむくみが起こりやすい体に近づけていることになります。だからと言って、脱水症状を起こさないためにたくさん水を飲むことも、むくみの原因となりえます。

ですから、夏は発汗によって失う量や排尿によって失う水分を考えながら、水分摂取をしましょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/ja/%E6%B0%B4-%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9-%E5%96%89%E3%81%AE%E6%B8%87%E3%81%8D-%E8%83%8C%E6%99%AF-%E7%94%9F%E6%B4%BB-%E8%BB%BD%E9%A3%9F-%E7%B4%94%E5%BA%A6-19848/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

顔に関する記事

目指せ小顔!女子力アップ!お手軽な目元のはれを解消する方法

  顔がむくんでいると感じる症状は何もフェイスラインだけの話ではありません。む...

普段の生活からしっかりとした予防を!顔むくみ撃退法

  疲れやストレス・飲みすぎなどで顔がむくんでしまうことはよくあります。 ...


顔がパンパン!なぜ浮腫んでいるの?むくみの原因

  ふと顔を見ると、顔がパンパンにむくんでいる! あまりの浮腫み(むくみ...

小顔マッサージにスプーンが有効な理由とは!?

  顔のむくみをとるのは、マッサージなどで割合簡単にできます。そのマッサージの...

カラダノートひろば

顔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る