カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 水虫 >
  5. 足だけじゃないの!?手の水虫が出来る原因とは?白癬菌に触れることで感染してしまう…?

気になる病気・症状

足だけじゃないの!?手の水虫が出来る原因とは?白癬菌に触れることで感染してしまう…?

 

水虫と言えば足に出来るイメージがありますが、実は手にも水虫が出来ることがあるのです。

なぜ手に水虫が出来るのか、そして手の水虫の原因にはどんなものがあるのかを見てみます。

 

●白癬菌に触れることで感染

白癬菌自体はそこまで珍しい菌ではなく、家族に水虫の方がいれば家の中に白癬菌があるのは普通のことです。

足に比べると、靴の中など湿度の高い場所にいない分手は乾燥しやすい部位と言えます。

ですが、足とは違って、白癬菌のついたタオルや床に触れてしまう危険性があるのが手ならではの特徴です。

白癬菌のついたマットを洗う、床を拭く、寝具をたたみ直すといったことで、手に白癬菌が感染してしまいます。

足の水虫とは違って、湿度や気温などが原因というよりは、すでにある白癬菌に触れることが原因と考えた方がよいです。

例外的に湿度や不潔が原因とされるのが、指輪などアクセサリーをつけ続けたことによる感染です。

指輪を1日つけて外した後は、手の皮膚がなんだか湿っぽいような気がしますよね。

これは、指輪をつけている部分だけ湿度が高くなっていることの象徴でもあり、指輪を外した後の指はしっかり洗って消毒しなければいけません。

 

●手の水虫は角化型が多い

手の水虫の特徴はもうひとつあり、それは角化型の水虫が多いことです。

角化型の水虫とは、指の付け根や関節部分、悪くなってくると手の全体の皮が硬くなり、白っぽくなることです。

ひび割れと似ているので、水仕事でのひび割れ、手の乾燥と誤解してしまう方も少なくはありません。

足に出来がちな水疱は手にあまりできないので、手の水虫ではかゆみを感じず、発見が遅れることもあります。

 

手の皮が異常なほど厚くなってきていると思うなら、一度皮膚科で白癬菌に感染していないかどうかのチェックを受けた方が良いです。

白癬菌に感染している場合には、爪白癬の検査なども受けて、どの部分を治療したらよいのかを明確にしていきます。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/02/28/08/24/hand-276644_640.jpg])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

水虫に関する記事

水虫の原因菌がついても水虫にならない!?水虫を発症しないためにはこの環境に注意!

     水虫は正式には「白癬」と言います。これは水虫の原因が「白癬菌」というカ...

明らかに水虫が疑われる症状でも、水虫菌の確認は必須!顕微鏡で簡単に確認できます

     足の皮膚トラブルが生じた場合、疑われるのは水虫ですが、全てがそうとは限...


それは爪の水虫かも!知らぬ間になっている水虫と爪白癬とは?!

    水虫とは、白癬菌という菌が原因で起こる病気。この白癬菌が、足の皮膚から爪...

これは手荒れじゃない?!手荒れと勘違いしやすい、手の水虫の症状

手に水虫ができたとき、どんな症状が出るか知っているでしょうか。そもそも手に水虫...

カラダノートひろば

水虫の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る