カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. ローヤルゼリーで更年期を緩和!?サプリメント、薬での対処法

女性のカラダの悩み

ローヤルゼリーで更年期を緩和!?サプリメント、薬での対処法

昔から蜂蜜は栄養価が高く、薬効がある食材と言われています。

 

特にローヤルゼリーは、豊富な栄養素を含んでおり、

健康促進、免疫力強化、体調不良改善、美肌などに

効果があるとして、有名です。

 

心身が弱る更年期は、心の乱れが自律神経の

失調により起こりやすいと言われていますが、

低下してきた女性ホルモンの分泌を促すローヤルゼリーは、

この症状を改善する効果を備えているため、

摂取すると体に良い自然療法として

更年期の女性たちに人気を集めています。

 

 

1.自律神経を司る視床下部の働きを活性化させます。

2.アセチルコリンというビタミン成分が自律神経のバランスを整えます。

3.アミノ酸が女性ホルモンの分泌を促す作用があります。

 

 

 

ローヤルゼリーの持つ3つの特長が、更年期独特の症状である

のぼせ、ほてり発汗や不眠や苛々などの心の不調を和らげます。

また、女性ホルモンの分泌が良くなり、ホルモンバランスが整うので、

身体的症状も解消されるというお話です。

ローヤルゼリーに含まれる成分デセン酸が

女性ホルモンエストロゲンに関係しているかは、

研究中です。

 

薬効効果以外にも、ローヤルゼリーは普通の蜂蜜よりも、

高たんばくで、多量のビタミン類、ミネラル、

アミノ酸を含んでおり、食材としても重宝されています。

ローヤルゼリーは若々しく健康な体を作り、

更年期症状を和らげ、快適な日常を送る支えとなります。

味覚的にも美味しくて食べやすいので、

毎日食べることで、つらい症状が改善されていきます。

 

ただ、紅茶やコーヒーなどの

タンニンを含む食品とは相性が悪いので、

水や麦茶などでローヤルゼリーを

飲むことをおすすめします。

 

他にも、ローヤルゼリーは熱に弱いため、

熱い飲み物と飲むと成分の一部が壊れてしまいます。

そのため、白湯よりも常温か冷たい飲み物と取ると

良いでしょう。

 

 

更年期障害の対処法 漢方で更年期障害を乗り切る!

1.『体のほてり』と『冷え』に効く漢方は?

更年期障害で悩める人のほとんどが経験する『体のほてり』と『冷え』ですが、有効的なのが「桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)」です。

 

2.『めまい』に効く漢方は?

めまいに悩まされると、日常生活が送れず辛いですよね。

そんなときは「桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)」です。

 

3.『肩こり』と『頭痛』に効く漢方は?

風邪の時に飲む「葛根湯」が効果的です。

 

これらの漢方薬があります。

漢方はたくさんの種類があり、自分の症状に合ったものを選ぶには難しいですよね?

そんなときには、漢方薬を専門とする薬剤師に相談してみると良いでしょう。

 

漢方薬を服用する際の注意点

漢方薬の飲み方の基本は、食事前の空腹時に飲むことです。

漢方薬は吸収しづらいためです。食前と記載がある場合は、必ず食前に飲みましょう。

漢方薬は自然のものですが、だからといって副作用がないわけではありません。

漢方薬を服用して異常をきたしたり、服用を中止し、医師や薬剤師に相談しましょう。

  

漢方薬にはこんな効果が・・・ 

漢方薬は、体の不調や乱れたリズムを整える作用があります。

漢方薬は不調にならないように飲むという予防的な役割の薬が多いです。

 

しかし、ホルモン補充療法などのように即効性はありません。

漢方薬を使用する方は、更年期症状が重度の人にはおすすめできません。

そういった場合は、ホルモン補充療法などの即効性の高いものにしましょう。

漢方薬はゆっくりですが、更年期障害の症状を改善できるだけでなく、体のあらゆる不調が改善されます。

 

昔から冷え性で悩んでいる・・・

太りやすい・・・

痩せている・・・

虚弱体質である・・・

 

など、ずっと悩み続けた悩みとさよならできるかもしれませんよ。

 

 

ピグノジェールで治る更年期症状

ピグノジェノール 

更年期障害は、女性ホルモンバランスの急激な減少が起こるため、

治療法としてホルモン補充治療が有効ですが、薬に頼らず、自然治癒力で治したい、また体へ負担をかけずに治療したいという場合に、おすすめなのが、ピクノジェノールです。

 

2002年米国国立衛生研究所の報告で、ホルモン補充療法を受けた女性は、乳がん、心臓病、脳梗塞、アルツハイマー病を発症しやすいと発表されました。

 

フラボノイド 

そのため、ホルモン補充治療に踏み切れない人向け代替療法として、約40種類のフラボノイドを含むピクノジェノールが更年期障害の緩和や肌の老化に効果があるのではと注目されています。

 

他に更年期によく効くフラボノイドとして知られている食材にイソフラボンやカテキンなどがありましたね。

 

美容 

ご存知のように、ピグノジェノールは、フランス南西部ボルドー地方で自生している海岸松の樹皮から抽出されたエキスで、古来、美容目的で使用されていました。

 

抗炎症作用や抗酸化作用、血流改善、肌の老化防止に、とても効果があり、体内に発生する活性酸素が作る傷から守るとされる成分を多く持っています。

 

ピクノジェノールを補助する乳酸菌や各種ビタミン類等が適切に配合がされている製品を選んで、更年期の症状を和らげるのに、試してみてはいかがですか。

 

 

更年期障害対策にビタミンE

人間は誰でも40代、50代になるとイライラやうつ、めまい、

ホットフラッシュが起こりやすくなるものです。

 

更年期障害の症状はとてもつらいものですね。

その予防や緩和には、常々、食生活の改善や適度な運動、

ストレス解消が大切ですが、不足している栄養素をサプリメントで

補うのも、1つの良い方法です。

 

ビタミンEはホルモンバランスを整える作用があり、

こういった年代の女性には欠かせない栄養素として、

毎日の食事から摂取することを推奨されています。

 

例えば、

ひまわり油、サンフラワー油、アーモンド、ヘーゼルナッツ

などに多く含まれています。

普段から沢山摂れているでしょうか。

 

やはり、毎日摂取するとなると、おやつとして食べるとしても、

難しいと考えれる時は、サプリメントを利用すると、簡単で

安く済ませられます。

 

ビタミンEは、理論的には、ホルモン分泌器官に多く含まれ、

細胞膜の酸化を防ぎ、安定させ、ホルモン分泌のコントロールを

支え、バランスを整えています。そのため、しっかり摂取することで、

更年期障害を緩和できると考えられています。

 

サプリメントでは、特定の1種類だけという飲み方もできます。

更に、ビタミンはミネラルと助け合って、体内での働きを

強くしてくれます。

特にビタミンEの持つ働きは、ビタミンAやCと同時に摂取することで

強化されます。20種類以上の複数の栄養素をサプリメントから

補うのも、仕事や家事が忙しくて、食事で摂るのは無理な場合は

すすめられます。いかがですか。

 

他に更年期に対処するには、下記のサプリメント等があります。

DHA・EPA…乳がん予防

ホスファチジルセリン…不安・うつ症状に対応

 

自分の合ったものを選んで、更年期を明るく乗り越えましょう。

 

 

サプリメントで更年期ケア

ついつい忙しい日常生活で、

加工食品やインスタント食品が増える中、

新鮮で美味しい野菜は食べ忘れがちになっていませんか。

 

ホルモンバランスの乱れから来る不調を改善したいけれど、

薬には頼りたくない!という人向けに、

サプリメントが流行しています。

 

現代生活で、1日3回の食事を摂取しているのを前提として、

不足している栄養素や冷えが原因の不調を整え、

体調管理を行うために、サプリメントを用いる

やり方をうながしています。

 

一時は、更年期の治療薬として

女性ホルモン投与が盛んでしたが、

近頃では、安全性が見直されて、

治療の補助的な役割として

栄養補助食品やサプリメントが

注目を浴びています。

 

女性ホルモンを助ける成分として、

ビタミンB6、ナイアシン、パテントン酸、

ビタミンE、マンガンがあります。

 

更年期症状の改善には、

アセチルコリンやデセン酸、

そしてローヤルゼリーがあります。

 

これらが自律神経の働きを快適に保ち、その結果、

更年期障害の改善が期待されます。

 

上記以外に、微量栄養素を補うには、

マルチビタミン、ビタミンC、コエンザイムQ10などを、

自分の諸症状に合わせて、試してから、合わないと判断したら、

別のものを選択するのも良いと考えられます。

まずは、食生活や生活スタイルを改善しながら、

基本サプリを取り入れてみることがおすすめです。

それだけでも治る場合もあります。

 

悩みに応じて、更年期の症状めまい・のぼせ・

ほてりなどに合ったサプリ、

例えば、大豆イソフラボンなどを

毎日適量取るようにして、改善に努めましょう。

(Photo by http://www.ashinari.com/search/search.php?search=%E8%9C%82%E8%9C%9C)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

更年期に関する記事

更年期高血圧症の予防方法5つ!ホルモン療法ってどんなもの?早発閉経でも妊娠が可能に・・・!?

過去の妊娠期の『高血圧症』の有無が、更年期の『腎障害』に繋がるといわれていま...

更年期に化粧品の癒し効果!『メイクセラピー』とは?更年期の糖尿病はどうしたらいい?

 「メイクセラピー」という言葉をご存知ですか? 化粧品は見られたい自分になる...


PMSで出勤できない人のための生理休暇、その実態とは?性欲との関係?10代でもPMS症状が出る訳とは

生理休暇というものがあるのをご存知でしょうか?   労働基準法で定められ...

カラダノートひろば

更年期の関連カテゴリ

更年期の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る