カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. >
  5. 夏でも乾燥するから保湿パック!はちょっと待った!あなたは保湿パックしてもいい肌?

美容・ダイエット

夏でも乾燥するから保湿パック!はちょっと待った!あなたは保湿パックしてもいい肌?

 

夏の乾燥対策はどうしていますか?乾燥というと保湿パックですが、本当にそれは正しいでしょうか?

夏は汗をかくため、肌が潤っているように見えます。そのため特別な乾燥対策をしていないという人もいますし、夏でもしっかりと乾燥対策をしているという人もいると思います。

ここでは夏の間の保湿パックの是非について書いていきます。

 

夏の保湿パックをしてはいけない人がいる!?

保湿パックは、乾燥を改善するのに手軽で有効な方法です。夏でも乾燥ケアをしなければならないという、肌ケアへの意識が高い人は、夏でも保湿パックなどのケアをすることがあると思います。ですが、汗をかくような季節には、人によってはこの保湿パックのケアをしない方がいい人がいるということを知っているでしょうか。

 

いつも冷房空間にいる人には保湿パックは有効

職場や家などでいつも冷房空間にいる人の場合、肌はいつも乾燥している空間にいるわけですから保湿パックは有効です

乾燥する肌を保湿パックしてあげることで、肌が健康に育つのを助けてくれます。

 

冷房空間とそうでない空間を行き来する人は保湿パックをするべきでない

湿度と気温が高くなってくると、体温調節のための汗の分泌が増えます。適度な気温であれば、汗は肌を潤してくれる汗ですが、一定以上になると肌を水浸しにする汗に変わります。この水浸しにする汗というのは冷房空間で簡単に乾いてしまい、肌を乾燥させます。

冷房空間と屋外などで汗をかく空間を行き来するという人の場合、汗による水浸しと肌の乾燥を繰り返すことになります。すると肌自身の保湿機能そのものが奪われていってしまい、肌の機能が低下してしまいます。この場合保湿パックは過剰なケアになってしまいます。

 

保湿パックは過剰なスキンケア

保湿パックというのはそもそも、ちょっと過剰気味にスキンケアをしているということです。そのため(乾燥状態であっても)比較的肌が安定しているときに行われるのはよいですが、肌の状態が安定していないときにはするべきではありません。

肌の機能そのものが落ちているときには、過剰なスキンケアが肌を攻撃してしまうのです。

 

 

保湿パックがよいものと考えすぎていると、肌を痛めつけている結果になるかもしれません。

そして結局肌の保湿機能がどんどんと下がっていき、乾燥が本格的になる秋には、大きな乾燥に襲われることになりかねません。肌の状態をよく観察しながら保湿ケアを行うようにしましょう。

 

 (Photo by:pixabay )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

顔に関する記事

夏は間違った洗顔方法をしやすい!「シャワーで流す」「ヌルヌルをとる」は洗顔のNG行為!

  夏の季節の洗顔はどのようにしているでしょうか。夏の洗顔の方法によっては肌が...

顔のたるみには様々な原因があるんです!栄養不足、肩こり、頬杖も原因になる!?

女性なら誰でも悩む顔のたるみ…この顔のたるみは一体何が原因なのでしょうか。 ...


夏は特に要注意!!外でのレジャー&飲み会の際の肌荒れ防止対策

外でのレジャーや飲み会は、肌荒れに拍車をかける場合が多いと思います。 これ...

食べられる素材で安心!手作り☆フェイシャルコスメの作り方

 ■おうちで簡単手作り!フェイシャル用お手入れコスメ  食べられる素材で安心な...

カラダノートひろば

顔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る