カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. >
  5. 夏は紫外線対策がメイン?夏の保湿を考えないと、秋になって夏老け肌になってしまうかも!

美容・ダイエット

夏は紫外線対策がメイン?夏の保湿を考えないと、秋になって夏老け肌になってしまうかも!

 

夏の間の肌のケアはどのようにしているでしょうか。紫外線対策がメインになっていると、そのツケが秋になって爆発するかもしれません。

夏は冬ほど、重点的に肌の保湿をしていないという人も多いでしょう。

それが秋の夏老け肌につながる可能性があるのです。

 

夏だって大切な肌の保湿

夏は汗をかきます。その上、湿度が高いです。そのためつい、「肌が十分潤っている」「肌の調子がいい」と勘違いしがちです。

実際には、紫外線や冷房、夏バテなどの影響を受けて肌はダメージを蓄積しています。

そんな中で保湿のケアを怠ってしまうと、肌の内側はどんどん乾燥しやすくなっていき、秋を迎えるころには爆発的に乾燥してしまうということになりかねないのです。

 

夏の保湿はベタベタする…こんな工夫をしてみよう

夏でも化粧水は一応つけているという人はいるでしょう。

しかし乳液や美容液、クリームなどとなると、なんだかベタベタする感じでやりたくないという人も多いと思います。

その場合には、以下のような工夫をしてみましょう。

 

・化粧水を重点的に!

化粧水ならばさっぱりとするから、夏でも不快ではないという人は、化粧水を特にたっぷりつけましょう。二度づけをしてもよいですし、コットンパックをしてもよいです。その上で乳液をさっとつけましょう。

 

・乳液やクリーム、美容液は場所ごとに量を変える

ベタベタ感を感じやすい乳液やクリーム、美容液は特に、目元、Tゾーン、Uゾーンにまず乗せ、しっかりとつけましょう。その上で残りを他の場所に伸ばせば、必要なところをしっかり保湿して、ベタベタ感も抑えられます。

 

・保湿した後にティッシュでふきとる

乳液やクリーム、美容液をつけて10分くらいしたら、ティッシュを顔に乗せて軽く抑えましょう。すると肌に浸透していっていない分がティッシュに移ります。それによって余計なベタベタ感も除けますし、肌の上で化粧品が酸化するのも防げます。

 

・夏用の化粧品に変える

夏用の化粧水や美容液なども売っています。特にさっぱり感がほしいならば浸透力の高さを売りにしている化粧品を選んでみてください。

 

夏こそ保湿ケアを油断してはいけません。秋になって夏のケアを後悔しないためにも、しっかりと夏の保湿を考えておきましょう。特に夏でも冷房の効いた場所にいるなど、乾燥しやすい環境にいる人は、保湿をしっかりと頭に入れておいてください。

 

 (Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

顔に関する記事

エアコンや汗、紫外線などダメージ要因満載!夏に肌が疲れる原因

  ■夏に肌が疲れる原因 夏の美容といえば、どうしても美白に目がいき...

妊娠中にはレチノール化粧品に注意を

女性であればたとえ妊娠中であっても、化粧は怠れないという方も多いと思います。し...


顔のたるみには様々な原因があるんです!栄養不足、肩こり、頬杖も原因になる!?

女性なら誰でも悩む顔のたるみ…この顔のたるみは一体何が原因なのでしょうか。 ...

今すぐスキンケアを見直すべき!美肌のために、お肌の上の「善玉菌」を応援する方法

お肌の「菌」育てていますか?菌なんて育てたら、肌が荒れてしまうんじゃ…? ...

カラダノートひろば

顔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る