カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 鬱・落ち込み >
  5. つらい生理中や生理前のうつ症状…病院を受診する前に知っておいたほうがいいこと

女性のカラダの悩み

つらい生理中や生理前のうつ症状…病院を受診する前に知っておいたほうがいいこと

気分が落ち込みやすい性格である人は「私はうつ病かもしれない…」と自己判断しがちですが、精神科や心療内科にかかる際に女性が注意した方がいいこととは何でしょうか。

 

近年、SSRIをはじめとする抗うつ剤が安易に処方される傾向がありますが、問題も浮上しているようです。

うつの症状が女性ホルモンのバランスに関連がある場合もあります。

 

要チェック!気分が落ち込むのは生理中や生理前ではないか?

気分が落ち込んだり、ふさぎ込んでしまったり、食欲がなくなったり、眠れなくなってしまったり…まるでうつ病のような症状が出ているのは決まって生理中や、生理前でないかチェックしてみる必要があります。

 

もし、生理中や生理前にうつの症状が出ていて、精神科や心療内科を受診する場合、そのことを相談する必要があります。

場合によっては、受診するのは精神科や心療内科ではなく、産婦人科が適切であるケースがあります。

 

抗うつ剤の危険な副作用知っていますか?

精神科や心療内科でうつ病と診断されたら、最初に処方される薬剤は、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ剤、SSRIなどです。

三環系抗うつ薬、四環系抗うつ剤は比較的古い世代の抗うつ剤で、主に口渇、便秘、排尿困難などの副作用があるようです。

 

古い世代の抗うつ剤の副作用を軽減するといわれている、新世代の抗うつ剤のSSRIをあたかも副作用がない万能薬のように説明する医師や製薬会社もあります。

しかし、実はSSRIが一番深刻な副作用が出る可能性があります。

特に若年層に投与した際の、攻撃性や衝動性、希死念慮が高まる副作用が社会的に問題になっています。もちろん、熟練した精神科医であれば投薬に頼らず、認知行動的アプローチによってうつ症状を緩和しようと判断する可能性はあります。

 

婦人科でいったん漢方薬を処方してもらおう

生理中や生理前にうつ症状が出てしまう場合、まず、婦人科に相談するとよいかもしれません。

女性特有の悩みに合わせた漢方薬を処方してもらい、つらい症状が緩和しないか様子をみてみましょう。

 

漢方薬は、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ剤、SSRIなどに比べて効き方もマイルドです。

漢方薬にはたくさん種類がありますので、一つの薬が効かなければ、医師に相談して、別の薬を処方してもらうとよいでしょう。

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: かとりーなさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

鬱・落ち込みに関する記事

生理前、生理中のうつ症状…その原因はPMDDかも?うつ病との違いと解消方法

生理前や生理中、「なんだかイライラする」「なにもやる気が起きない」「人に会い...

鬱症状が辛い!PMSを緩和するためのピルの正しい知識

PMS(月経前症候群)にはピル ピルというと避妊のイメージが強く、あまり作用の...


毎月くる生理うつ・生理痛を、食事療法でふき飛ばそう!

ここでは、生理痛におすすめの食事「味噌汁」をご紹介します! また、生理鬱・...

カラダノートひろば

鬱・落ち込みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る