カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. 皮膚の上でカビが繁殖する!梅雨の時期のカビは皮膚トラブルを引き起こすこともあるんです!

アレルギー

皮膚の上でカビが繁殖する!梅雨の時期のカビは皮膚トラブルを引き起こすこともあるんです!

 

日本の梅雨の時期というのは、カビが繁殖しやすい環境です。

このカビは皮膚の上でもトラブルを起こすことがあるのを知っているでしょうか。梅雨の時期のカビは、洗濯槽の中や押し入れの中だけで猛威を振るうのではないのです。

 

皮膚の上でカビが繁殖する!?

人の皮膚の上にはそもそも真菌というカビがいるように、健康であっても常在菌という菌が存在します。しかし梅雨になると、普段悪さをしないカビが増殖することで、皮膚トラブルを起こすことがあります。

カビが引き起こす皮膚トラブルで、最もよく知られているのは、水虫ではないでしょうか。水虫は白癬菌というカビによって引き起こされる、皮膚トラブルです。

 

どうやってカビによる皮膚トラブルを予防する?

梅雨はカビが繁殖しやすい条件がそろっています。そのため、カビが増殖しやすく、それによる皮膚トラブルも起こりやすいです。

だからこそ、意識して対策をしておく必要があります。カビによる皮膚トラブルを予防するには、以下のことに気をつけましょう。

 

・身体を清潔にする

カビ菌というのは、エサがなければ繁殖しません。汗や汚れというのをカビは好みますから、それらを長い時間放置せず、できるだけ清潔を保つことが大切です。きちんと石けんを使って体をきれいにしましょう。

もしカビによる皮膚トラブルがとても気になる場合には、市販されている抗菌剤入りのシャンプーやボディソープを使ってもよいです。

 

・身体をしっかり乾燥させよう

カビ菌というのは水分のある場所で繁殖します。ですので、風呂やシャワーで体を洗った後は、体をきちんと乾燥させましょう。体の構造的に水分が残りやすい、脇、足のつけ根、頭皮などはきちんと乾かすことが必要です。

またこれらの場所は、汗をかいたときに蒸れやすいところでもありますので、汗をかいてそのままにしないようにしてください。蒸れた状態の皮膚はふやけて傷がつきやすいです。傷ができるとそこから菌が侵入し、トラブルが起こりやすくなります。

 

・禁煙をしよう!

喫煙は血管を収縮させる働きがあります。すると収縮した部分の皮膚に十分な栄養が回らなくなり、皮膚の防衛機能が弱くなってしまいます。

防衛機能が弱くなった場所は、カビ菌に対抗する力が少なくなり、トラブルが起こりやすいので、できれば禁煙をした方がよいでしょう。

 

すでに皮膚病や水虫などに悩まされているという人は、医師の診断と指示の下、適切な治療を受けましょう。その上で生活の中で気をつけられることに、気を配っていきましょう。

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防・対策に関する記事

ホリスティック療法でアレルギーを緩和

アレルギーやアトピーの治療法として最近登場したのがホリスティック療法というもので...

カビアレルギーの予防法~浴室の場合

  カビは感染症を引き起こしたり、アレルギーの原因になることがあります。機...


ルイボスティーは弱い『ステロイド剤』のような効果?!アレルギー疾患に有効『ルイボス』とは

近年、高い抗酸化作用によって様々な疾患の予防に繋がるとして話題となっている茶葉...

カビが原因のアレルギー反応「夏型過敏性肺炎」の治療法と予防

  夏型過敏性肺炎は、トリコスポロンというカビ(真菌)が反復的に肺に吸いこ...

カラダノートひろば

予防・対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る