カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. カビ >
  6. 梅雨のカビは皮膚の上でも増殖!体のどんな場所で、カビによるトラブルが起こるの?

アレルギー

梅雨のカビは皮膚の上でも増殖!体のどんな場所で、カビによるトラブルが起こるの?

 

梅雨は皮膚の上でもカビ菌が勢力を増します。具体的にどの部分でカビ菌が繁殖しやすいと思いますか?

梅雨は食品や浴室だけではない、皮膚の上のカビ菌も気にしてみる必要があります。

 

梅雨で皮膚のカビ菌がトラブルを起こす!

皮膚の上には常在菌という菌がいます。常在している菌ですから、普段はそこにあっても悪さをしません。

しかし、梅雨はカビの勢いが増す季節です。それに加えて体調を崩して免疫力が低下したり、汗をかいてカビが増殖しやすい状態になった場合、常在菌が皮膚トラブルを起こすことがあるのです。

 

どんな場所でカビ菌がトラブルを起こすのか?

肌の上でカビがトラブルを起こすと言っても、起こしやすい場所というのがあります。それが以下のような場所です。

・頭皮

・髪の生え際

・胸

・背中

・わき

・指の間

・足のつけ根

・足

比較的に汗が出て溜まりやすく風通しの悪い場所でカビが繁殖しやすいということが分かります。

 

頭皮髪の生え際で起こるカビによる皮膚トラブルが、癜風菌によるトラブルです。癜風菌は頭皮のフケの原因にもなる菌で、癜風という皮膚トラブルを引き起こします。

」これを発症すると、皮疹が頭皮に生じます。そして治療しないで放置していると、これが背中に広がることがあります。

また、皮膚疾患を引き起こす菌としては、ガンジダ菌という菌もあります。ガンジダ菌はガンジダ症を引き起こす菌で、体表だけでなく、口の中へそなどどこにでもおり、増殖すると発疹やかゆみ、痛みが生じます。

さらに、最も菌による皮膚トラブルで知られているのが白癬菌による水虫だと思います。

白癬菌は皮膚の一番外側の層に住みつき、治療に対して抵抗してしぶとく生きながらえる性質があるので、治療に根気が必要になります。

 

これらのカビは常に皮膚の上にいるものですが、梅雨の時期には勢力を増してトラブルにつながることがあります。その可能性をよく知って、梅雨の時期のカビには注意を払いましょう。

 

 (Photo by:足成 )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カビに関する記事

アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎など…カビアレルギーによって起こる症状一覧

  アレルギーは体の中に侵入してきた有毒物質に対して、体の免疫機能が過剰に...

吸い続けると呼吸不全を起こす!?梅雨にひどくなる症状はカビのアスペルギルスかもしれない!

  ジメジメする梅雨の時期は気分が落ち込みがちです。しかし人間は下がり気味の気...


梅雨は皮膚のカビ菌に注意!「免疫力の低下」「生活習慣病」の状態は危険!

  人の皮膚の上にいるカビ菌は、梅雨の気候と、人の体の抵抗力や免疫力の低下によ...

寒暖差による結露の予防が大切!戸建てのカビ対策について

  冬の間は家の中の湿度が高くなりがちです。湿度が高いこと自体は風邪予防や乾燥...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る