カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. カビ >
  6. 梅雨は皮膚のカビ菌に注意!「免疫力の低下」「生活習慣病」の状態は危険!

アレルギー

梅雨は皮膚のカビ菌に注意!「免疫力の低下」「生活習慣病」の状態は危険!

 

人の皮膚の上にいるカビ菌は、梅雨の気候と、人の体の抵抗力や免疫力の低下によって、人の体に害をなすまで、勢力を増すことがあります。

特にどんな人は、梅雨の時期の、常在菌と言われるカビ菌に、注意する必要があるのでしょうか。

 

皮膚で起こるカビのトラブル

人の体にはたくさんのカビや微生物が存在しています。ですが上記のように体に無害なもので、カビがいるから、微生物がいるからといって健康に影響があるわけではありません。しかし、梅雨に勢力が増すカビは、普段健康に影響がないものであっても、害になるものに変化することがあるのです。

 

体の免疫力が低下してカビが増殖!

常在菌というのは健康な状態では体に影響がありません。

しかし、免疫力が低下した状態はまた違います。皮膚につく真菌というカビも、体の抵抗力が弱ったときに増殖することがあります。

このカビは温度が25~30度、湿度が65%以上になると増殖しやすく、それに免疫力の低下が加わることで一気に増殖してしまうのです。

 

特に糖尿病などの生活腫看病の人は注意!

糖尿病では血糖値が高い状態が続きます。他の生活習慣病でもそうですが、高血糖などの状態によって動脈硬化が起こり、血流障害が起こりやすくなります。

血液というのは体中に栄養を運んでいるわけですから、この流れが悪くなるということは、酸素や栄養などが十分にいきわたらないということです。

そのため、細胞の働きが低下し、免疫力が低下している状態になり、真菌などのカビに対抗する力が低下することがあるのです。

 

 

梅雨の環境を変えるというのも、ある程度までしかできません。

ですが、免疫力を高く保つことはできます。それに生活習慣病の人は、そもそもの生活習慣病の治療をきちんとすることで予防になります。

梅雨の時期のカビによる皮膚トラブルを起こさないために、体を丈夫に保ちましょう。

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カビに関する記事

温度・湿度・空気・栄養源が原因?!~加湿器で増えるカビ~

  冬の乾燥対策として、秋口から加湿器を使い始める人もいると思います。しかし加...

マンションの結露・カビ対策!

  冬の寒い環境では、外と中の温度差が大きくなることから結露が生じやすくなりま...


やっておきたいカビ対策!梅雨の時期、帰ってきたときに行うべきこと

梅雨の時期は、ジメジメした高温多湿の期間が1ヶ月以上続きます。そのため、気づく...

加湿器によって部屋の中にカビが!カビを発生させないための加湿器の使用法

  冬になると乾燥対策や風邪対策として加湿器を使う家庭は多いと思います。しかし...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る