カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. ダニ・ハウスダスト >
  4. 家でダニに刺されたらどう対処するのが正しいの?家でやるべき対処法ってなに?

アレルギー

家でダニに刺されたらどう対処するのが正しいの?家でやるべき対処法ってなに?

じめじめする梅雨時期はダニ被害が最も多くなります。

 

では、ダニに刺されたときはどのように対処するべきなのでしょうか。ダニに刺されたときに、正しい対処ができるでしょうか。

 

市販の薬を用意しておこう

これはダニ刺されに限られたことではありませんが、虫に刺された場合はすぐに薬を塗ることが重要になります。

 

爪で引っかく前に薬を塗ることでかゆみが静まりますし、炎症も落ち着きます。爪で引っかくと、そこからばい菌が入り、飛び火などになる可能性もあります。

 

刺されてから買いにいくとなると大変ですので、常備薬として用意しておくことをオススメします。薬を選ぶ際はどんな虫刺されに効くのか、きちんと確認をしましょう。

 

かゆみがひどいときは冷却

ダニに刺されると赤い発疹に、激しいかゆみを伴います。そのかゆみが引かないときは幹部を冷やすとかゆみが治まります。

 

もちろん根本を解決しているわけではありませんので、薬をきちんと塗り、炎症は抑えられるように対処してください。

 

流水で冷やしてしまうと、患部に塗った薬も落ちてしまう可能性がありますので、氷嚢や保冷剤などを用いて冷やしましょう。

 

ダニ刺されは跡残る?残らない?

刺された後に、すぐに薬を塗れば跡が残ることはないといえます。掻きこわしてしまうと、時間はかかりますが跡は薄くなるでしょう。

 

お肌の再生には28日間かかります(ターンオーバー)。約1ヵ月後には刺された跡もきれいになっているはずです。ですが、掻きこわしがひどいと傷跡として残る可能性もありますので、できる限り患部を掻かないように気をつけてください。

 

何よりも大事なのはダニがすみにくい環境を作ることです。室内は常に清潔にし、除湿を心がけましょう。ダニに刺されにくい環境を作ることが一番の対応策です。

 (Photo by:pixabay )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ダニ・ハウスダストに関する記事

カーペットにも大発生!?自宅でカンタン☆ダニを確実に退治する方法

冬場、家族で過ごす空間のリビングには大きなカーペットが敷かれ、あたたかい部屋で...

どうにかして!布団に潜むダニを退治☆簡単に出来る!布団のダニ撃退法

心地よい眠りを運んでくれる寝具。フカフカの布団に包まれて眠りにつくのはとても心...


梅雨の時期、こんなことしていませんか?その行動はダニを増やす結果になっているかも!

実は、わざわざダニの住処をこちら側が用意してあげている、ということに気が付いて...

気をつけて!これからの梅雨の季節にはダニが増殖中!

  梅雨はジメジメムシムシしてとても過ごしにくい季節ですね。ところがダニにとって...

カラダノートひろば

ダニ・ハウスダストの関連カテゴリ

ダニ・ハウスダストの記事ランキング

人気体験談ランキング

アレルギーのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る