カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 脳腫瘍 >
  4. 組織型や悪性度によって分類される脳腫瘍

ガン・悪性腫瘍

組織型や悪性度によって分類される脳腫瘍

 

脳腫瘍は組織型や悪性度によって分類されます。

 

 組織型による分類方法 

世界保健機構の分類では脳腫瘍は組織型によって

星細胞腫、乏突起膠腫などの神経上皮細胞腫瘍

悪性リンパ腫、胚細胞腫瘍などのその他の新生物に分類されます。

  

 

 悪性度による分類方法 

 悪性度分類では脳腫瘍は最も良性のグレードⅠから

悪性のグレードⅣまで4段階に分類されます。

ただし、脳は生命の維持に極めて重要な臓器でありますので

良性腫瘍であっても正常組織を圧迫することで

重篤な生命の危機をもたらすことがあります。

  

以下ではいくつかの脳腫瘍を紹介します。

 

 高悪性度星細胞腫  

成人で最も一般的な原発性の脳腫瘍で好発年齢は45~55です。

50歳以上であるか全身状態の程度などによってクラス分類され

クラスが高いほど予後が悪く生存期間が短くなります。

周囲の組織を浸潤していくことが特徴

高頻度に正中を挟んで反対側にも浸潤していきます。

症状としては一般的に

・頭蓋内圧の亢進

・けいれん発作

・局所の神経障害

などが表れますが周囲の浮腫の位置や大きさによって様々な症状が表れます。

 

 

 転移性脳腫瘍 

頭蓋内腫瘍の中で最も一般的なものでその頻度は

原発性脳腫瘍の10にもなりますが

診断学と脳外科治療技術の向上によって現在では治療を

受ければ脳転移が原因で死亡する患者さんはほとんどいません。

 

 

いずれの疾患も早期の発見が重要になりますので

気になることがありましたら速めに病院を受診しましょう。

 

  

(Photo by //www.ashinari.com/2010/10/29-037036.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

脳腫瘍の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る