カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食事法 >
  5. 夏にスタミナをつけたいのなら、あえて鍋を食べよう!スタミナアップにおススメは「豚チゲ鍋」

健康診断・健康管理

夏にスタミナをつけたいのなら、あえて鍋を食べよう!スタミナアップにおススメは「豚チゲ鍋」

  

夏こそ、辛い物を食べてスタミナをつけましょう!

辛い物といってもいろいろですが、ここではチゲ鍋をおススメします。

チゲ鍋がスタミナアップの料理には最高だという人もいるくらい、栄養や、内臓への負担などにおいて、体に良い効果がある料理なのです。

 

暑いときに鍋と食べること自体、体にいい!

普段あまり汗をかかないという人は、あえて夏に鍋をして汗をかきましょう。汗腺というのは使われないことで、衰えてしまい、汚れがつまりやすくなって、悪い汗をかくようになってしまいます。その意味においても、夏にわざわざ、熱くて辛い鍋を食べることに意味があります。

さらに体を冷やすことなく、栄養をとれるので、体は万全な状態で栄養素を受け入れることができます。

 

おすすめのチゲ鍋の具はこれだ!

チゲ鍋と言っても色々と種類があると思いますが、スタミナアップにつながるチゲ鍋として推奨したいのが、豚肉のチゲ鍋です。

豚肉をはじめとして、ニンニク、ニラ、タマネギ、キムチといった食材を入れることで、効率的にスタミナがつく食事をとれます。

 

・豚肉のスタミナアップ栄養素

豚肉、特にヒレ肉には100gあたり1.34ミリグラムという、ビタミンB1が含まれています。このビタミンB1はエネルギーとなる炭水化物の、消化吸収を助ける働きをするのです。

逆に言えばこれがなければ炭水化物はエネルギー源になれず、脂肪や乳酸といった疲労物質として体に溜まります。

 

・ニンニク、ニラ、タマネギが豚肉を助ける

豚肉に含まれるビタミンB1が炭水化物の代謝を助けるなら、ニンニクやニラ、タマネギに含まれるアリシンは、ビタミンB1を助けます。

ビタミンB1というのはそのままの形では、水溶性なので、水に溶けて体外に出てしまいやすいのです。

しかしアリシンと結びつくことによって、体内にビタミンB1を長くとどまらせることができ、効果が長く続きます。

 

・トウガラシの効果

トウガラシの辛み成分のうち9割をカプサイシンが占めます。そのカプサイシンの働きというのは、脂肪を燃焼させ、体の中のエネルギー代謝を活発にすることです。

炭水化物から生み出されたエネルギーの代謝を、活発にしてくれるのです。

さらにトウガラシ自体、食欲増進や、疲労回復、冷えの防止などにも効果があります。

 

上記の流れを見ると分かると思いますが、体が動くためのエネルギーとしては、炭水化物の摂取が必要です。同時に米を食べたり、うどんを投入したりして、エネルギーの元となるものもしっかりと摂取してください。

 

(Photo by:足成 )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事法に関する記事

栄養ドリンクは「ここぞ」のときだけに飲もう!毎日飲んでいると体に悪影響があるって本当?

   「飲んだだけですぐに元気になれる」という効果は、少し怖くはないでしょうか。...

受験生に最適な夜食って?受験生の夜食で気をつけたいこと 食べるもの・食べる時間

受験勉強をするには、エネルギーが必要です。エネルギーを補給するためには、食べ...


体調を崩しやすい秋にピッタリな食事の方法とは?おすすめ食材は○○です

秋は夏バテの後遺症や、気温の激しい変化による自律神経系の不調など、体調不良が予...

夏は栄養満点のサムゲタンでスタミナをつけよう!サムゲタンがスタミナ料理ってなんで?

   韓国料理のサムゲタンは、熱い料理でもよく夏に食べるそうです。その理由は、...

カラダノートひろば

食事法の関連カテゴリ

食事法の記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る