カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食事法 >
  5. そうめんばかりを食べるのは良くない!そうめんを体のエネルギーにするために●●を食べよう!

健康診断・健康管理

そうめんばかりを食べるのは良くない!そうめんを体のエネルギーにするために●●を食べよう!

  

夏はどうしてもそうめんなどの簡単なものを食べがちですが、それ自体は悪くないということを知っていたでしょうか。

そうめんや冷やし中華などの、ツルツルと体の中に入っていくめん類は、炭水化物です。

炭水化物というのは、そもそも人が体を動かすためのエネルギー源になるものですから、体力が落ちてしまっている場合には、むしろ必要なものなのです。

 

炭水化物を摂取するだけじゃダメ

ではなぜ、そうめんや冷やし中華ばかり食べるのが、「よくない」といわれるのでしょうか。確かに炭水化物は人のエネルギー源ですが、それだけを食べていても、体の中でエネルギーに変換されるわけではありません。

炭水化物がきちんと消化されてエネルギー源として活躍するためには、「ビタミンB1」や「ビタミンB2」といった栄養素が必要なのです。

逆にそれらがなければ、エネルギーとして使われるどころか、脂肪に変わったり、疲労物質の乳酸として蓄積されてしまいます。

 

ビタミンB1・B2を効率的にとってスタミナアップ!

単純にビタミンB1やB2を含む食材を積極的に摂るのでもよいのですが、効率的に摂取するためには、「アリシン」と一緒に食べるのがよいです。では具体的にどんな食べ合わせがあるでしょうか。

 

・豚しゃぶ

ビタミンB1・B2を含む豚肉に、アリシンとふくむネギやニンニクを薬味にして、「豚しゃぶ」という食べ方はどうでしょうか。温かいしゃぶしゃぶでもよいですし、豚を茹でてから氷水にさらして、冷しゃぶでもよいですね。

ちなみに豚肉の中でも特にもも肉やヒレ肉がおススメです。

 

・レバニラ炒め

レバーはビタミンB1・B2を豊富に含みます。そしてニラにはアリシンが豊富に含まれます。いずれも栄養価の高い食材ですから、ビタミンB1・B2とアリシンの働き以上に、体に嬉しい組み合わせです。

 

・うな玉

うなぎは夏の栄養食材としてあまりにも有名で、ビタミンB1・B2も含まれています。これにアリシンを含む玉ねぎを加え、卵でとじたうな玉も、スタミナアップにつながります。

 

夏は、そうめんなどのめん類ばかり食べることを悪く言われますが、それらだって大切なエネルギー源なのです。

ですが、同時にビタミンB1・B2、そしてアリシンを摂取しなければ、体には負担になるということは押さえておきましょう。

 

 (Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事法に関する記事

罰ゲームレベルの味…健康のためとはいえノニジュースを美味しく飲むためにはどうしたらいいの?

ノニは亜熱帯や熱帯にあるフルーツで、豊富な栄養素から健康食品として扱われること...

知らなかった!栄養ドリンクで"元気"が出る4つのヒミツとは?

   栄耀ドリンクは「飲むと元気になる」と言いますが、いったいどんな効果をもって...


体に良い効果を多く秘めているキムチの効果をさらにパワーアップさせるのは納豆がいい!?

毎日の食事で、健康を維持したい!出来るだけいろんな良い効果がある食材を取り入れ...

精製された砂糖はビタミンやミネラルを消費する?!うつ病になる可能性も…

   炭水化物や炭水化物が分解されたブドウ糖は、エネルギー源として大切ですが、...

カラダノートひろば

食事法の関連カテゴリ

食事法の記事ランキング

人気体験談ランキング

健康診断・健康管理のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る