カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. その他 >
  5. オメガ脂肪酸で高まる『ワーキングメモリー』っていったいどんなもの?

健康診断・健康管理

オメガ脂肪酸で高まる『ワーキングメモリー』っていったいどんなもの?

 

オメガ3系脂肪酸は記憶力を高める、高脂血症を予防するなどの効果があることが知られています。

ですが、そのほとんどは高齢者向けの情報が多く、若者の記憶力についてはデータが少なかったのです。

そんな中で2012年10月3日に発表された情報では、健康な若者の記憶力にもオメガ3系脂肪酸が活躍することがわかりました。

 

●ワーキングメモリーに与える影響は若者にも

オメガ3系脂肪酸がワーキングメモリーという記憶に与える効果は、以前から老齢者の間ではある程度検証されてきました。

ですが2012年10月3日に科学情報誌PLOS Oneに掲載された情報は、18-25歳という若者のワーキングメモリーに関する情報です。

オメガ3系脂肪酸を半年間摂取した若者のワーキングメモリーが改善していることがわかったのです。

 

●ワーキングメモリー=作業記憶

若者の記憶力も上げることがわかったオメガ3系脂肪酸ですが、ここで対象となったワーキングメモリーとは何かを紹介します。

ワーキングメモリーは日本語にすると作業記憶、必要なときに必要な情報を取り出す記憶力を指しています。

例えばサラダを作ろうと思った時に、パッと思い浮かぶのは材料を何にするか、ドレッシングをどうやって作るか、何から切れば手順がよいか、盛り付けの工夫はどうするか、隠し味にハーブを入れようかなどです。

この部分が事細かに出てくれば、ワーキングメモリーの能力が高いと言えます。

一方でワーキングメモリーの能力が極端に低下していると、サラダを作ろうと思った時になかなか情報が出てこず、最終的にサラダづくりを諦めることもあります。

 

ワーキングメモリーは、定年を迎えると徐々に低下していくと言われています。

会社勤めを辞めて自由になると、複雑なことを考える機会が減ることとも関係しているようです。

若者にも高齢者にも、オメガ3系脂肪酸でのワーキングメモリーへの効果はありますので、ぜひオメガ3系脂肪酸を含む魚などを摂取してみてください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/07/18-365545.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

細菌が繁殖してるかも?!ペットボトルを洗って繰り返し使う場合は要注意!

軽くて蓋付き、手軽に使えるペットボトルを水筒代わりにして持ち歩いている人も多...

『良く噛むこと』はアレルギー性疾患を予防する?!

  『100回噛んで食べると良い』に根拠はある?   多くの方が、昔ご...


夏のお弁当は「水分」に注意!水分を徹底排除して細菌が増えにくいお弁当にしよう!!

  夏の食卓では、細菌に気をつけなければなりません。 それは家で食べる食事で...

魔法の油 オリーブオイル

  オリーブオイルが身体と美容に良いことはよく知られるようになりましたが、...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る