カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 脊髄 >
  5. 脊髄にはアルファベットと番号がある!脊髄損傷のレベルとは?

気になる病気・症状

脊髄にはアルファベットと番号がある!脊髄損傷のレベルとは?

 

けがのレベルは、一般的にはレベルが高いと重症です。ですが、脊髄損傷の『レベル』は意味が違います。

脊髄損傷におけるレベルとは何か、そしてどんな症状が出るのかを見てみます。

 

●脊髄損傷のレベル=損傷部位

脊髄損傷においては、レベルとは『損傷した部位』のことを指しており、レベルが高い・低いといった使い方はしません。

これが、一般的な怪我の『レベル』の使い方との大きな違いです。

脊髄は首から腰当たりまで、非常に長い組織として存在しているので、どこを怪我したかによって、症状の出方も違います。

具体的には、首の方からC、T、L、Sという4つに分かれているので、それぞれの症状を見ていきます。

 

●最も重いC1-C3損傷

首の損傷にもあたるC1-C3損傷は最も重く、基本的には人工呼吸器なしでは生活できません。

呼吸障害の他に、四肢の麻痺もC1-C3損傷には非常に多いです。

 

●C4-C7は一部を動かせる

脊髄のレベルのうちC4-C7までの損傷だと、上半身の一部が動かせます。C1-C3の損傷に比べると、自立度が高いです。

 

●C8-L2までは上肢安定・一部介助

C8からT1、T2と続く脊髄のレベルにおける損傷では、基本的に上半身は動かせます。

T2以降は胴体のバランスも安定しているので、車椅子は必要ですが、ある程度自分の意志で自由に動けます。

 

●L3-S5は自立歩行可能

L3以降、首からどんどん遠くなってくると、脊髄損傷をしても一生介助が必要というケースは少ないです。

杖などを使って歩いたり、人によっては器具なしでの歩行も可能です。

 

脊髄損傷のレベルとは、傷ついた部分のレベルであり、重症度ではありません。

重症度から言うと、首の部分にある、上の方の脊髄を怪我すれば、重症度レベルが高いです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2014/05/26/14/48/typewriter-354621_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脊髄に関する記事

脊髄損傷でのリハビリ~呼吸訓練から歩く訓練まで 損傷レベルによって違うリハビリ

  事故などで脊髄損傷になったら、少しでも残っている筋肉の力を戻すための訓練が...

脊髄損傷でも社会復帰を目指す!それを支援する職業リハビリセンターってなに?

  「職リハセンター」を知っているでしょうか。職業リハビリテーションセンターのこ...


脊髄損傷から起きる排尿障害…排尿障害の症状、治療法とは?

  重度の脊髄損傷、仙椎損傷では排尿障害がみられるのが特徴で、排尿障害への治療...

社会生活で重要!脊髄損傷の排泄障害と自律神経症状について

脊髄損傷と聞くと一番最初に思い浮かぶのが車いすでの生活、手足に力が入らないな...

カラダノートひろば

脊髄の関連カテゴリ

脊髄の記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る