カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 脊髄 >
  5. 脊髄損傷でのリハビリ期間はどれくらい?リハビリのための施設選びのポイント

気になる病気・症状

脊髄損傷でのリハビリ期間はどれくらい?リハビリのための施設選びのポイント

脊髄損傷でのリハビリは先が見えないと心配になる方もいますし、家族の方でも心配でしょう。

 

脊髄損傷でのリハビリ期間は一体どれくらいになるのか、どんな病院を選べばリハビリがスムーズにいくのかを見ていきます。

 

●入院は長くても半年

治療の病院からリハビリ病院に移ってきたと仮定すると、長くても期間は半年となっています。というのも、国の方針で入院期間は150-180日まで(頸髄損傷かどうかで違います)と決められているからです。

 

リハビリのための入院は、最大でも半年後までにこうなっていたい、という希望を持ちながら進めると目的意識があってよいです。

 

●通院期間は年単位になることも

入院でのリハビリが終了して、そのままスムーズに社会に戻る場合もありますが、あまり多くはありません。どちらかといえば、退院してからも定期的に病院・ジムなどでのリハビリを行う方が多いです。

 

通院リハビリの期間も入れるとなると、すべてのリハビリ期間は年単位になることがあります。気長に付き合っていくつもりで脊髄損傷を受け入れなければなりません。

 

●脊髄損傷リハビリのプロを探す

リハビリ施設を選ぶなら、やはり脊髄損傷の治療とリハビリについての知識・実績がある病院を選びたいものです。

 

NPO法人の日本せきずい基金では、脊髄損傷関係の病院や施設を紹介しているので参考にしてみてください。また、東京都内には脊髄損傷者の歩行を目指すジムもあるので、都内の方は一度問い合わせてみてもよいでしょう。

 

脊髄損傷のリハビリ期間は入院で最大半年まで、損傷レベルがC(首)の場合は退院してからも年単位でのリハビリが必要なケースがあります。その間のメンタルケアも、重要なポイントと言えるでしょう。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脊髄に関する記事

脊髄損傷でのリハビリ~呼吸訓練から歩く訓練まで 損傷レベルによって違うリハビリ

  事故などで脊髄損傷になったら、少しでも残っている筋肉の力を戻すための訓練が...

損傷した場所で違う!脊髄損傷の症状 -腰髄・仙髄編-

背中に長く伸びる脊髄は4つに分かれており、上から頸髄・胸髄・腰髄・仙髄という名...


脊髄がどのくらい損傷された?損傷の度合いによって違う、完全脊髄損傷と不完全脊髄損傷

  体を傷つけたときというのは、どの場所を傷つけたかと同時に、どの程度傷つけたか...

脊髄損傷から起きる排尿障害…排尿障害の症状、治療法とは?

  重度の脊髄損傷、仙椎損傷では排尿障害がみられるのが特徴で、排尿障害への治療...

カラダノートひろば

脊髄の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る