カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 乾燥肌 >
  5. 生活習慣 >
  6. 乾燥肌の悩み…潤う肌に近づく第一歩とは?洗顔しすぎには気をつけて

美容・ダイエット

乾燥肌の悩み…潤う肌に近づく第一歩とは?洗顔しすぎには気をつけて

肌が粉を吹くくらいの乾燥肌。潤いのある肌を取り戻してメイクを楽しみたいですよね。
顔だけでなく、カラダの皮膚も乾燥してしまって悩んでいる人もいるでしょう。
乾燥肌になってしまっているときの、対策を考えてみましょう。
私たちの体の皮膚は、表面側から内部に向けて、大きく角質層を含む表皮と真皮に分けられます。そして、表皮の表面は皮脂でおおわれています。肌を様々な刺激から守るのに皮脂が重要な役割を担っています。

 

洗顔し過ぎて、皮脂を落としていませんか?

お湯は、皮脂を落としすぎてしまう性質があるので、乾燥肌の人の場合、顔を洗うときは"水で洗うようにする"と少し改善するかもしれません。
乾燥による肌荒れがひどい日は、洗顔するペースを下げてみることも一つの方法です。
鏡をよく見て、その日の肌のコンディションを探りながら、肌に対するケアを行うことが重要です。そして、洗顔したあとには保湿を忘れずに行いましょう。
保湿剤も、添加物ができるだけ入っていないものを選んで使うことが大切です。
そして、油分を抜いた化粧品を使うのも、本当は肌にはよくありません。

 

カラダをスポンジでゴシゴシ洗っていませんか?

お湯が、皮脂を落としてしまうのは、顔だけでなくカラダも一緒です。
乾燥肌が気になるときは、湯船につかる頻度を少しだけでも下げてみてください
そして、スポンジなどでゴシゴシ洗うのではなく、ボディソープを泡立てネットなど
で泡立てて、その泡を手に取り、手でカラダを洗いましょう。
それだけで十分カラダの汚れは落ちるので、心配しなくても大丈夫です。
お風呂に入った後は、肌が乾燥している状態なので、顔と同じように、カラダにも保湿をするとよいでしょう。
植物成分100パーセントの保湿剤や、薬局で白色ワセリンなどを購入するのもひとつの手段です。

 

顔もカラダもお湯によって、バリアである皮脂を落としすぎることによって、燥肌が悪化します。

改善する手段は以下のようなものがあります。
・顔は水で洗う
・泡立てネットを使う
・洗ったあとは保湿剤を選んで使う
・ゴシゴシ洗わないで泡立てネットを使う
簡単にできるものから生活に取り入れてみましょう。

 

(photo by //www.photo-ac.com/main/detail/10135?title )

著者: かとりーなさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

生活習慣に関する記事

肘から手首だけ、肩甲骨だけ、膝下だけが「かゆい」…そのかゆみの意外な原因は○○だった?!

乾燥肌だから毎年保湿クリームが手離せないという方は、そもそもその乾燥肌の原因...

乾燥肌に効果的なセルフケアとは?乾燥肌に睡眠と運動で対策を♪

乾燥肌になってしまうと、肌が粉をふくようなことがあります。高価な化粧品の購入やエ...


肌は日々の生活で作られる!乾燥肌のための体質改善まとめ

  乾燥肌で困っている人は、スキンケアなどにこだわって対策をしている人も多いと思...

エアコンで肌が乾燥するのはどうして?

  冬は寒い地域では特に暖房器具を使うことは欠かせません。しかし、暖房器具を使...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る