カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 脊髄 >
  5. 損傷した場所で違う!脊髄損傷の症状 -頚髄・胸髄編-

気になる病気・症状

損傷した場所で違う!脊髄損傷の症状 -頚髄・胸髄編-

脊髄の損傷は頚髄、胸髄、腰髄、仙髄のどこを損傷したかで、後遺症も症状もかなり異なります。頚髄、胸髄を損傷した場合の症状を見てみます。

 

●C1-C5では死の危険性

脊髄はC、T、L、Sというレベル分け(場所分け)がされており、C1からT1までが頚髄、T2からL1までが胸髄です。このうち、C1-C5という、頚髄でも上の方だと、呼吸筋と四肢の筋肉がマヒし、死亡することが多いです。

 

事故などの脊髄損傷での死亡はC1-C5損傷が多いです。

 

●C5-T1までは足麻痺

C5-T1の、頚髄の下の方は足や胴体の麻痺が出やすいです。C1-C5とは違って、呼吸筋が動かなくなるようなことは、まずありません。

 

●胸髄は感覚消失が特徴的

胸髄(T2-L1)を損傷した場合は、感覚消失が症状の代表となります。頚髄損傷のように麻痺もありますが、それよりも感覚消失の方が目立ちやすいです。

 

麻痺はいずれも、足と胴体のどちらかもしくは両方の麻痺となっています。T2-T4では乳首より下、T5-T8では胸郭から下、T9-T11ではへそから下、T12-L1では足の付け根から下の感覚がなくなります。

 

●しびれや脱力などの共通症状

頚髄・胸髄、そしてその他の2つの脊髄についても、脊髄損傷で共通症状として現れるのが、しびれや脱力感です。脊髄は背中にありますので、背中の痛みを感じる・訴える方も多いです。

 

また、脊髄損傷の原因の第1位は交通事故ということで、脊髄損傷の痛みが交通事故の怪我の痛みと混じりあうこともあります。

 

脊髄損傷は頸髄、胸髄、腰髄、仙髄のどこを損傷したかで症状が違い、頚髄の損傷がもっとも重症です。頚髄上部を損傷すると死に至る、呼吸器なしで生活できない可能性が高いです。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脊髄に関する記事

脊椎損傷は「デパケン+神経幹細胞」で再生できる?注目の再生医療は「HDAC」がカギ

近年、従来薬では治療不可能とされていた自己免疫疾患や脊髄損傷など難治性疾患を...

脊髄損傷でのリハビリ期間はどれくらい?リハビリのための施設選びのポイント

脊髄損傷でのリハビリは先が見えないと心配になる方もいますし、家族の方でも心配で...


脊髄損傷になり車いす生活に…脊髄損傷の社会復帰、家庭復帰、職業復帰の現状とは

脊髄損傷になり、車いすで生活している人は実際どのような転帰をたどっているので...

損傷した場所で違う!脊髄損傷の症状 -腰髄・仙髄編-

背中に長く伸びる脊髄は4つに分かれており、上から頸髄・胸髄・腰髄・仙髄という名...

カラダノートひろば

脊髄の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る