カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 子どもが脊髄損傷…リハビリ後に復学するときの注意点

育児・子供の病気

子どもが脊髄損傷…リハビリ後に復学するときの注意点

 

脊髄損傷は事故などでなるケースが多く、大人子供に関係なく脊髄損傷のリスクがあります。

子どもが脊髄損傷になったが、リハビリを経て復学するときの注意点を見ていきます。

 

●早めの意思表示

脊髄損傷での復学を考えている場合は、出来るだけ早めの意思表示が必要です。

とはいっても子供の意見を無視するわけではなく、家族内で話し合い、復学をするかどうかをしっかり決めましょう。

そして復学を決めたら、学校側への協力要請をしておいた方がよいです。学校でも、いきなり明日から脊髄損傷者が来ますと言われても、準備が整っていません。

復学までのリハビリプランを医療スタッフが組みますので、プランを提示しつつ『このくらいの時期に復学を考えている』と伝えましょう。

障害がどれくらいか、最終的にどんなサポートが必要かも、伝えるのが望ましいです。

 

●通学手段や授業の受け方を決める

医療スタッフの知識や協力も必要なのが、通学手段や授業の受け方、排尿などです。

通学については、義務教育から高校生くらいの場合は、親の送迎が多いと言われています。

学校が近ければ、子どもが車椅子に乗って1人で通学することもあります。

授業においては、手の麻痺があればノートが取れないのでパソコン使用を許可してもらう、試験中に別室で口述を受けるなど学校側の理解と協力が必要です。

 

●メンタルケアの重要性

脊髄損傷とそれに伴う障害を、最初から理解しているクラスメートというのは少ないものです。

自分の口で十分説明できる年齢なら、級友への説明の時間を設けてもらうと効果的です。

教師のサポートも重要ですので、特に義務教育期間においては、教師からの事前説明があった方がよいでしょう。

 

脊髄損傷で復学するときには、受傷→リハビリ→家庭復帰や復学(適宜リハビリ)という流れが基本です。

早ければ4-5か月、場合によっては1年くらいかけて復学すると考えてください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2014/02/15-385922.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

危険!赤ちゃんの誤飲事故…たばこ・洗剤を飲み込んだときの対処法

赤ちゃんは、はいはいやタッチができるようになると、世界が広がり、いろいろな所...

赤ちゃんが転んで・ぶつけて打撲や打ち身に…対処法は冷やす&温める!

ちょっと目を離すと机にお顔をぶつけたり、イスに足をぶつけたり、赤ちゃんには生...

ケガ・応急処置の体験談

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

1歳4カ月で初めての”ひきつけ”

1人でどこへでも歩いていけるようになって頼もしくなってきた矢先、初めてひきつけを起こしました。 ...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る