カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 脊髄 >
  5. 脊髄損傷から起きる排尿障害…排尿障害の症状、治療法とは?

気になる病気・症状

脊髄損傷から起きる排尿障害…排尿障害の症状、治療法とは?

 

重度の脊髄損傷、仙椎損傷では排尿障害がみられるのが特徴で、排尿障害への治療も必須です。

 

●排尿障害の症状は?

脊髄損傷で起きる排尿障害は、脊髄損傷のレベルによってやや症状が異なります。

まず、頸髄や胸髄などの上の方を怪我した場合、尿が勝手に出てしまいます。トイレを我慢する筋力がなくなるので、出したくなくても勝手に尿が出ます。

一方で腰髄や仙髄などの下の方を怪我した場合、尿を出す力がなくなって、尿が出にくくなります。

 

●自排尿か間欠導尿か

排尿障害を治療する方法は2種類で、自排尿か間欠導尿かという選択をしなければなりません。

自排尿とは自分で排尿する方法で、例えば膀胱部分を刺激して排尿を促すといったやり方があります。

一方で間欠導尿とは、排尿するためにカテーテルを挿入する方法です。道具を使った排尿方法と考えてください。

膀胱に一定程度尿が溜まったら、カテーテルを尿道から入れて尿を外に出します。

 

●間欠導尿は1日5回くらい

成人の尿量は1日あたり1500ml程度で、間欠導尿は尿量が300mlを超えてから行うのが普通です。

このことから間欠導尿を選んだ場合、1日5回程度カテーテルを挿入して尿を体外に排出する必要があると言えます。

休み時間、休憩時間などに行うことが出来るので、それほど苦痛に感じる方は少ないようです。国内には1万人以上の導尿者がいます。

 

脊髄損傷で排尿障害がみられるときは自排尿、間欠導尿のいずれかを選ぶことになりますが、自排尿は軽度の場合のみ行われるのが大半です。

間欠導尿が難しい場合には、手術を行うこともあります。

また、排尿障害だけではなく排便障害を患う方も多く、こちらは摘便などで対処されることが多いようです。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/02/18/18/35/basins-83090_640.jpg])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脊髄に関する記事

脊椎損傷は「デパケン+神経幹細胞」で再生できる?注目の再生医療は「HDAC」がカギ

近年、従来薬では治療不可能とされていた自己免疫疾患や脊髄損傷など難治性疾患を...

脊髄損傷でのリハビリ期間はどれくらい?リハビリのための施設選びのポイント

脊髄損傷でのリハビリは先が見えないと心配になる方もいますし、家族の方でも心配で...


脊髄損傷になり車いす生活に…脊髄損傷の社会復帰、家庭復帰、職業復帰の現状とは

脊髄損傷になり、車いすで生活している人は実際どのような転帰をたどっているので...

損傷した場所で違う!脊髄損傷の症状 -腰髄・仙髄編-

背中に長く伸びる脊髄は4つに分かれており、上から頸髄・胸髄・腰髄・仙髄という名...

カラダノートひろば

脊髄の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る