カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 風邪 >
  6. 夏風邪は冬の風邪と何が違う?知っておくべき夏風邪特有の症状、その対処法とは?

育児・子供の病気

夏風邪は冬の風邪と何が違う?知っておくべき夏風邪特有の症状、その対処法とは?

夏は日照時間も長く、楽しい季節ですが、活動的になるとその分睡眠不足などでカラダの抵抗力が弱まり、結果として夏風邪を引いてしまう人もいます。

では、夏風邪とはどのような特徴があり、どのような対処が必要なのでしょうか。

 

夏風邪の症状の特徴とは

夏風邪の症状を特徴づける理由には原因ウイルスの違いがあります。冬の風邪の原因ウイルスには、コロナウイルスやRSウイルスがありますが、夏はアデノウイルス・エンテロウイルスが代表的な原因ウイルスです。

これらは高温多湿の環境で繁殖しやすいウイルスで、冬風邪と異なり、発熱だけではなく下痢や腹痛、喉の痛みを引き起こすという特徴があります。

 

喉の痛みについては咽頭炎の原因となり、結果として飲み物や食べ物が喉を通りづらくなります。

この結果、栄養を十分に摂取することができず、体力が低下し夏バテの原因となるだけではなく、夏風邪の症状がなかなか改善しない結果となってしまいます。

 

夏風邪の対処法とは

一般的に風邪への対処法については、症状にもよりますが、市販の解熱剤・鎮痛薬・風邪薬を飲むのが通常です。

しかし、夏風邪で下痢や腹痛の症状がある場合に、これらの薬を服用すると胃腸障害を引き起こしたり、便秘になる可能性があるので注意が必要です。下痢は体内で増殖したウイルスを排泄する人間の自然治癒作用の一つなので、下痢だからといって下痢止めを飲んでしまうと、症状が長引いてしまう可能性があります。

 

他方で、下痢になると脱水症状になるリスクがあるので、水分をしっかりと、そして多めに摂ることが重要です。

 

以上のように夏風邪には夏風邪独自の症状があり、冬の風邪と同じような対処をしていると、こじらせてしまって症状が悪化する場合もあるので注意が必要です。

(Photo by:足成 )

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

パパ・ママとリラックスタイム♪子供の冷え撃退にはお風呂が効く

    寒い季節、体が冷えてしまって辛いですよね。それはママやパパだけでなく...

風邪をひいてしまった…家ではまず何をすればいい?

冬場になるとひいてしまう風邪。子どもの咳や鼻水は見ていても辛いものです。子ども...

風邪の体験談

完母なのになぜ?!初めての風邪~生後2か月~

生後6か月はママの免疫で守られている赤ちゃん。ウイルスには耐性があるから大丈夫!な~んて油断してはい...

風邪をひきにくい生活(1歳8か月編)

お兄ちゃんが1,2歳代の時、それはそれは毎月のように風邪をひいては小児科へ通っておりました。 ...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る