カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 日焼け >
  5. 日焼けは健康の証?それとも病気の証?本当は怖い日焼けの影響、知ってますか?

育児・子供の病気

日焼けは健康の証?それとも病気の証?本当は怖い日焼けの影響、知ってますか?

日焼けした人を見ると青白い人と比べて確かに健康的で活発な印象を与えます。

しかし、日焼けは皮膚にとって実は怖いものだということもここでしっかりと覚えておきましょう。

 

日焼けの影響には急性反応と慢性反応がある

日焼けが皮膚に与える影響には急性反応と慢性反応があります。急性反応は紫外線を浴びてから数時間後から数日後に現れるもので、一番多いケースがサンバーンと呼ばれる日光皮膚炎、いわゆる一般的な日焼けです。

また、急性反応にはもう一つ、サンタンと呼ばれる黒色色素沈着があり、これが日焼けによってなる小麦色の肌の原因となります。

 

他方、慢性反応は日光を継続・反復して受けることによって発生するもので、数ヵ月後、また長いものだと数十年後に現れるといいます。

慢性反応には以下のものが挙げられます。

 

・皮膚の腫瘍

・しみ・しわ

・光老化による皮膚の様々な障害

 

急性反応・慢性反応の原因とは

これらの二つの反応の原因はどちらも紫外線によるもので、皮膚の表皮細胞にある遺伝子が紫外線の種類であるUVAやUVBを吸収することで何らかの問題を引き起こすことにあるとされています。

表皮細胞にある遺伝子の中に、紫外線による影響を受けやすい場所があることがわかっており、紫外線によって様々な生理化学物質が放出されることで、炎症反応が発生したり、メラニン生成活性亢進という症状に対する反応として、サンバーン・サンタンが発生するといわれています。

 

カラダにはこうして影響を受けた遺伝子を修復する機能が備わっていますが、慢性的に紫外線を浴びることで、こうした修復機能を超える遺伝子の損傷が蓄積され、皮膚の腫瘍やしみなどといった慢性反応が発生するのです。

 

日焼けは確かに健康的なイメージを与えますが、やりすぎると年をとってから慢性反応が現れる場合があるのでほどほどにしておきましょう。 

(Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日焼けに関する記事

赤ちゃんと外出する人必見!紫外線対策には赤ちゃん用の日焼け止めを☆

赤ちゃんも生後2-3ヶ月になると買い物など頻繁に外出することが多くなりますが...

子供が浴びる紫外線は人生で浴びる量の約半分!?どうすればいい?子供のための紫外線対策

夏休みを控えて子供もワクワクしていて、外でたくさん遊ぶ計画を立てていることで...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

日焼けの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る