カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 運動 >
  4. ウォーキング >
  5. 歩き方にもコツがある!熱中症にならないために夏場のウォーキングで気をつけるべき点

健康診断・健康管理

歩き方にもコツがある!熱中症にならないために夏場のウォーキングで気をつけるべき点

最近はマラソン・ジョギング・ウォーキング人気から老若男女関わらず多くの人が外を走ったり歩いたりしています。

その中でも、ウォーキングは幅広い年齢層に人気ですが、夏場のウォーキングでは熱中症に注意が必要です。夏場のウォーキングで気をつけるべき点として何があるでしょうか。

 

熱中症になりやすい環境を理解しよう

ウォーキングをする際には、そもそも熱中症になりやすい環境かどうかを理解しておくことが重要です。

熱中症にかかりやすい環境には以下のものがあります。

1 前日と比べて気温が急激に上昇した場合

2 気温がそれほど高くないにも関わらず湿度が高い場合(この場合、汗をかきやすくなり、水分が大量に排出されてしまいます)

3 舗装道路やコンクリートの地面を歩く場合(これらの地面をウォーキングすると、日光の照り返しが強く、体温が上昇しやすくなります)

 

ウォーキングの際の熱中症予防のポイント

1 夏場のウォーキングに適した服装を身につけよう

・吸水性・速乾性に優れた素材の服装にしましょう

・タイトではない、ゆったりとした風通しの良い服装を身につけましょう

・帽子の着用や日傘をさすことで、日差しから頭や顔を守りましょう

 

2 歩き方にもコツがあります

・水分補給をこまめに行いましょう

(水筒などを持ち歩かない場合は、途中で水分補給できる公園や、水分補給のために小銭を持ち歩きましょう)

・疲労を感じる前に休憩を取り、こまめに汗をふきましょう

(休憩はできるだけ直射日光の当たらない日陰でとるようにして、決して無理をしないことが重要です)

・日差しの強くない、早朝または日没時がおすすめ

(紫外線量も少ないので、紫外線対策としてもバッチリです)

・自然公園や森林など土の上を歩こう

 

せっかく健康増進のために行っているウォーキングですから、熱中症を予防して楽しい運動にしたいものですね。

 

(Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ウォーキングに関する記事

夏のウォーキングのお供に…★熱中症対策のオリジナルドリンクレシピをご紹介!

  夏場は早朝から、夕方まで、ウォーキングをされている方をよく見かけます。 涼...

ウォーキングの新常識!歩数で予防できる病気が違う?!ウォーキングと病気、歩く際の注意

ウォーキングをしているという方は、何のためにウォーキングをしていますか?健康...


夏場のウォーキングのコツはルート選び?快適なウォーキングを行うのに必要な熱中症予防対策

夏場もウォーキングを健康増進のために行おうと考えている人が多いと思いますが、同...

消費カロリーはどれぐらい?気になるウォーキング効果について解説

ダイエットや健康のためにウォーキングは大人気。しかし、実際ウォーキングの効果...

カラダノートひろば

ウォーキングの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る