カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. その他 >
  5. 細菌が繁殖してるかも?!ペットボトルを洗って繰り返し使う場合は要注意!

健康診断・健康管理

細菌が繁殖してるかも?!ペットボトルを洗って繰り返し使う場合は要注意!

軽くて蓋付き、手軽に使えるペットボトルを水筒代わりにして持ち歩いている人も多いのではないでしょうか。ペットボトルを洗って繰り返し使う場合は、洗い残しによる細菌の繁殖に注意が必要です。ペットボトルの洗い方についてまとめました。

 

さっとすすぐだけではダメ

水と食器用洗剤をペットボトルに入れて振り洗いをするのが、一般的な洗い方でしょう。一見、きれいになったようですが、目に見えない汚れが残っている可能性があります。特に、ペットボトルに直接口をつけて飲んでいるなら、口内細菌がボトル内に入って繁殖しているかもしれません。コーヒー牛乳など乳飲料は、タンパク質がペットボトル内に付着して落ちにくいことがあります。

 

洗い方の工夫

◆便利グッズを使う

ペットボトル内に入れて振ると効率的に汚れを落とせる、ペットボトル用の小さなスポンジがあります。小さな飲み口から入れられる、細長いペットボトル専用のブラシも便利です。スポンジとブラシ自体に細菌が繁殖しないよう、清潔に保ちましょう。

 

◆昔ながらの知恵

乳飲料のタンパク質や、茶渋汚れを落とすなら細かく砕いた卵の殻がお勧めです。少量の水とともにペットボトルに入れ、何度も振りましょう。重曹と水でもきれいになります。重曹は万が一、口に入っても安心です。

 

◆消毒する

汚れや匂いが気になるなら、漂白剤で消毒する方法もあります。水と漂白剤でペットボトルを満たし、1晩くらい浸け置きしましょう。その後に、しっかりすすぎます。ペットボトルは樹脂なので、塩素系漂白剤はお勧めできません。酸素系漂白剤が良いでしょう。

熱湯消毒も可能ですが、温かい飲み物専用のペットボトルでないなら、耐熱温度に要注意です。

 

洗う時はボトル本体だけではなく、飲み口やキャップの内側もしっかり洗いましょう。汚れが残りやすい部分です。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/07/19-024552.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

内臓アンチエイジングで内臓を若返らせよう☆内臓アンチエイジングと生活習慣の関係

近頃、話題となっているのが「内臓アンチエイジング」と呼ばれる内臓を若返らせるた...

朝食は食べなくても大丈夫?朝食抜きが脳に与える影響!

最近は、ダイエットのため、実は朝食を食べない方が体に良いなどという専門家もい...


高血圧!ポイントを抑えた減塩を心がけて効果的に血圧コントロールをしよう!減塩する理由とその秘訣

  血圧の高い人と低い人ではどちらが多いかと言われたとき、中高年になれば血...

軽度の乳糖不耐症の方へお手軽な下痢対策!

      軽度の乳糖不耐症の方へお手軽な下痢対策!   牛乳を飲むと...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る