カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 食事・飲み物 >
  5. 対処法 >
  6. 妊婦の脱水症状を防ごう!つわり時の水分補給

妊娠・出産

妊婦の脱水症状を防ごう!つわり時の水分補給

食欲不振や吐き気を伴うつわりで心配なのは、母体の脱水症状です。「水を飲んでも吐いてしまう」場合は、水分の摂り方を工夫して脱水症状を未然に防ぐ必要があります。

 

今回は、つわり時の脱水にならないための水分補給について紹介します。

 

つわりは防衛反応のひとつという考え方

つわりが起こる原因はよくわかっていませんが、妊娠初期にhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが急激に増えるためと考えられています。その他にも身体の急激な変化による、防衛反応の一種とも考えられており、食べ物が摂取できない、水分補給もしたくないのは、身体に悪いものを入れないようにするためだという見方もあります。

 

胎児への影響について

つわりの時にご飯が食べられないと、胎児に栄養が行かなくなるのでは…と、思う方もいらっしゃるかもしれません。妊娠初期はまだ胎盤が出来上がっていないため、母体から栄養は供給されないのです。胎盤ができるまでは、胎嚢という胎児用の栄養袋から胎児へ栄養を供給しています。そのため、つわりの時にいつものように食べることができなくとも、胎児に大きな問題はないようです。

 

水分補給ができないと起こる体の反応

つわりによって水分補給をしたくない、ということがあるかもしれません。しかし、水分補給をしないと身体はどうなってしまうのでしょうか。

 

身体の水分が20%失われると命の危険に

人間の身体は60%~70%ほどが水分で構成されています。そのうちの10%が失われると機能障害が起こり、20%が失われると命を失う事態に。食事は2~3週間ほど摂らなくとも生きていられるそうですが、水分は一滴も取らないでいると、4~5日ほどで絶命してしまうと言われています。それほど人間の身体にとっては水分は生きるのに欠かせないものなのです。

 

水分の損失率からわかる脱水症状

水分損失率によって、さまざまな脱水症状が現れます。

 

損失率1%…発汗・のどの渇き

損失率2%…めまい・吐き気・頭がぼんやりする。強いのどの渇き・食欲減退・尿量が減る

損失率3%…汗がでなくなる

 

損失率3%とは体重60キロほどの方の場合だと、およそ1.5リットルもの水分が身体から失われることに。また、汗がでなくなるのは、「これ以上水分を排出すると、身体の水分が足りなくなる」という防衛本能と考えられています。

 

妊娠中はいつもより水分補給が必要に

妊娠中にかかわらず、普通に生活していると1日におよそ2.5リットルほどの水分が体から失われます。排尿や排便だけでなく、皮膚からの水分の蒸発や呼吸などによって体内から水分が排出しているのです。

 

身体から水分が失われてしまうと生命活動が維持できなるほど、身体にとっては大切な水分。妊娠中は赤ちゃんに栄養をおくったり、羊水を作ったりするのに、血液の量を増やさなければなりませんので、いつもより水分が必要になります。そのため、つわりの時の水分補給はとても大切なのです。

 

つわり時に飲みやすい飲み物

しかし、つわりの時はその水分補給ですら受けつけないほど、つらい時があります。そのため、吐き気を和らげる、スッキリした飲み物、「これなら飲める」というものを見つけることが水分補給対策のひとつなのです。

ここでは、つわり時に飲みやすいと言われる飲み物を紹介します。

 

1.レモン水

酸っぱいものは大丈夫という人が多いので、水にレモンを絞った「レモン水」なら飲めるかもしれません。

 

2.炭酸水

炭酸が入っていると、のど越しがさっぱりしているので飲みやすいかもしれません。炭酸を飲むとムカつきが治まった、という人も多いようです。また、いままでは炭酸が苦手だったけれど、妊娠をきっかけに炭酸にハマった、という人も。

 

3.炭酸飲料

炭酸水は味がなくて飲めない、という人は炭酸飲料はどうでしょうか。ジンジャーエールは味もすっきりしているので、つわり中にも飲みやすいかもしれません。糖分やカフェインが多く含まれている炭酸飲料もあるので、必ず原材料名や栄養成分表示をみるようにしてください。

 

4.ジンジャーティー

冬場であれば、冷たいものはできれば避けたいもの。そういう時は薄切りにした生姜を漬け込んだ蜂蜜を、お湯や水で割って作ったジンジャーティーがおすすめ。もちろん炭酸で割ってオリジナルジンジャーエールにするのもOK。

 

5.スポーツドリンク

スポーツドリンクですと、ミネラルなども補給することができます。しかし、糖分が多く含まれているものもありますので、必ず原材料名や栄養成分表示をチェックしましょう。

 

6.野菜や果物のジュース

食べ物は食べられないけど、飲み物は飲める、という人は飲み物で水分だけでなく栄養も補給しておきましょう。その場合は野菜や果物のジュースがおすすめ。市販のものだと受け付ける味がない、という場合はミキサーなどでオリジナルジュースを作ってみるのもいいかもしれません。

 

飲み方に気をつける

飲み方も大切です。もちろん、飲みたい!という時に飲むのがベストですが、一気に飲んでしまうと、食べ物を受けつけず胃が弱っているところに急に水分が入っていくことになるので、その刺激で嘔吐してしまう場合もあります。1回200ml程度を目安にし、1日に何度かに分けて摂取するようにしてください。暑い日は氷を口に含み、少しずつ溶かしながら水分補給するのも、涼しくていいかもしれません。

 

喉が渇く前に水分補給

喉が渇いたと感じる頃には、既に体に必要な水分量の1%が損失している状態です。そうなると、一気に飲みたくなってしまったり、つわりの症状がつらい時にかぶってしまい、水分補給がままならず脱水症状が悪化したりするかもしれません。早めの水分補給を心がけましょう。

 

自力で水分補給ができない時は病院へ

どうしても水分が摂れない、めまいやふらつきがでてきた時は、健診に関係なく病院へ行きましょう。病院で脱水が確認できると、水分および栄養補給のために点滴が行われます。点滴は通院で行うこともありますが、よくならない場合や、自力での水分補給がままならない状態が続く場合は、入院になります。

 

先にも述べた通り、脱水は命の危険があるものです。我慢せずにつらいと感じた時は、必ず病院で相談するようにしましょう。夏場は水分が奪われやすいので、夏場につわりがある妊婦さんは特に注意してください。

 

「つわり時期の水分補給」に関する体験談

結果、食べられるものは、おにぎりやクラッカーなどの炭水化物と、果物を少々。パンも試しましたが、なんとなく食べづらかったのを覚えています。バターのせい?あとは水を少々。これも飲み過ぎると気分が悪くなるので、口を湿らせる程度で、回数を多くして水分補給していました。

カラダノート体験談-投稿者テンチューさん~食べたら気持ち悪い、食べつわり。妊娠中の食生活-

 


赤ちゃんのためにお水だけでも飲まないと!と飲めば飲むほど嘔吐してもう私はフラフラ。我慢の限界!と病院へ行って話をし診察をしてもらうと先生にものすごく怒られました。なぜもっと早く来なかったのか。と私は脱水症状で血圧が高くなりこのまま放っておくと死ぬところだったといわれました。妊娠で死ぬ?!すごい衝撃でした。幸せな妊娠で死ぬかもしれなかったと。それから毎日水分補給のため点滴に通いました。

カラダノート体験談-投稿者ゆっこmamaさん~つわりは時に命にかかわることも!脱水症状で高血圧に-

 


そんな中唯一のどを通ったのが、「りんご」でした。りんごジュースやりんごのゼリーなどりんご味のものなら何とか食べることが出来ました。特にりんごのおいしい時期だったのも要因かもしれません。コープさんの「ふじりんご」がとても甘くて、すりおろしたりして食べていました。水分もたっぷりなので、水が飲めなくても脱水にならなかったのはこのりんごのおかげかもしれません。

カラダノート体験談-投稿者えままさん~苦しい吐きつわりの中で唯一食べられた物。今はトラウマ-

 


この時期のあかちゃんは水分摂取さえ怠らなければ勝手に大きくなってくれます。とにかく水分摂取だけはがんばって行いましょうね。

カラダノート体験談-投稿者ゆーとままさん~私はつわりをこう乗り越えた!私のつわり対策法5つ-

 

つわりの時の水分補給は大切!何かあれば病院へ 

お腹の中に赤ちゃんがやってきた!と幸せを感じる妊娠。しかし、妊娠中は母体も命がけなのです。つわりはみんなに起こるものだから…と我慢してしまうと、大変なことになってしまうかもしれません。こまめな水分補給を心がけるとともに、なにかあれば病院で相談するようにしてくださいね。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-08-12掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

妊娠中の辛いつわりの症状を紛らわそう!オーラル編

多くの妊婦さんが妊娠初期に経験する「つわり」。つわりは、妊娠中の各種症状の中でも...

妊娠中の辛いつわりの症状を紛らわす!オススメ飲料水、炭酸水!

多くの妊婦さんが妊娠初期に経験する「つわり」。つわりは、ひとそれぞれですが、吐き...

つわり(悪阻)の体験談

吐き気と戦う毎日!これがつわりかぁ~!つわり対策の工夫

妊娠中誰にでもやってくるつわり。 あれって本当に苦しいですよね… 食べ物を食べてしまう「食べづわ...

あれ・・・?気持ち悪くない!やっとつわりが終わった!!ご飯がおいしい~!妊娠5か月で終わった悪阻

過ぎてしまえば、大したことなかったなと。妊娠2か月~5か月まで続いた吐きづわり妊娠が発覚してから、徐...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る