カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 夏バテ対策 >
  5. スタミナがつく料理ばかり食べてない?「体に良い」つもりが夏疲れの原因に!?

健康診断・健康管理

スタミナがつく料理ばかり食べてない?「体に良い」つもりが夏疲れの原因に!?

年々、暑さが厳しくなる夏を元気に乗り切るため、どんな工夫をしていますか?体によいと思ってしていることが、実は夏疲れを招いていた…そうならないよう、「逆効果の夏疲れ対策」をまとめました。

 

「スタミナがつく」料理ばかり食べる

ウナギや焼肉、ステーキなど、「スタミナをつけて夏を乗り切ろう」と考える人も多いでしょう。もちろんこれらの食事はタンパク質が豊富で、効率的にカロリーを摂取することができます。ウナギのビタミンAなど、夏疲れに有用な栄養も含まれています。ところが、夏の胃は弱り気味。脂肪分が多い食事で、消化不良を起こすことがあります。また、食事によって適度に体の熱を排出することも大切です。

体内の塩分や水分調節に欠かせないカリウムをたっぷり含んだ夏野菜なども、適度に摂りましょう。夏疲れには、野菜や果物のビタミンが効きます。

 

朝から湯船に浸かる

寝汗をかきやすい夏の夜。朝からお風呂でさっぱりしたいですね。この時、半身浴や湯船にゆったり浸かるのはお勧めできません。朝は、副交感神経から交感神経にスイッチが切り替わる大事な時間です。副交感神経を優位にする半身浴により、スイッチの切り替えが上手くいかなくなります。入浴によって脱水を起こす、疲労を感じるなどのマイナス面も見逃せません。1日を活動的に過ごすため、夏の朝は軽めのシャワーが適しています。

 

汗をかかない

汗をかくと体力が消耗します。脱水症状や熱中症も気になるところです。そこで終日クーラーの効いた部屋で過ごし、極力汗をかかないようにする人もいるでしょう。しかし本来備えている体温調節機能を正常に保つには、適度に汗をかくことも必要です。涼しい時間を選んで軽く運動したり、短時間だけクーラーを切って汗をかいたりするほうが夏疲れを寄せ付けません。

 

当てはまる項目はありましたか?うっかり夏疲れを招かないよう、気をつけてください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/09/28-370928.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏バテ対策に関する記事

夏バテ防止に最適 ビタミンCも豊富なゴーヤで暑い夏を乗り切ろう!

夏野菜には様々なものがありますが、その中でも代表的な夏野菜の一つがゴーヤ(苦瓜...

クエン酸で夏バテを防ごう!クエン酸の夏バテに効く仕組みとは

  現在クエン酸が夏バテを防ぐ成分として、加工され販売されています。今回はなぜ...


長続きする、効果を出しやすくする!糖質制限ダイエットのコツ

  ご飯やパンに多く含まれる糖質を制限することで、やせるという糖質制限ダイ...

そうめんの食べすぎに気をつけて!夏の食事の注意点と夏を元気に過ごすための秘訣とは!?

 夏になると食べたくなる「そうめん」。口当たりもよく、暑い夏に「涼」を感じさせ...

カラダノートひろば

夏バテ対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る