カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 基礎知識 >
  5. 女性特有の夏疲れの原因とは?~女性ホルモンのバランスの崩れ~

女性のカラダの悩み

女性特有の夏疲れの原因とは?~女性ホルモンのバランスの崩れ~

いつの間にかたまってしまう、夏の疲れ。さまざまな原因がありますが、女性に多いのが「ホルモンの乱れ」です。女性特有の夏疲れについてまとめました。

 

夏は女性にとって苛酷な環境です

うだるような暑さの外に引き換え、オフィスや店内は上着が必要なくらいクーラーが効いていることが多いでしょう。外気温と室温の差は、自律神経を乱す原因になります。筋肉量が少ない女性は、特に冷えを感じやすいもの。思っている以上に、体は影響を受けています。

自律神経は、呼吸や内臓のはたらきなど体の機能を調節しています。ホルモンの分泌も、その1つです。女性ホルモンがのバランスが崩れ、不調に見舞われるでしょう。

 

特に注意が必要な女性

ホルモンバランスが不安定な40~50代の女性は要注意。更年期の症状と夏疲れの区別がつきにくいでしょう。生活習慣を見直してみましょう。

素足にサンダル、ミニスカート、肩やお腹を出す夏らしいファッションは、体を冷やします。冷たいものばかりを食べていると、食事による産熱が期待できません。また、冷たい飲み物をたくさん摂ると胃腸機能が低下して、体力や免疫力低下も招きます。このような生活スタイルに思い当たる節がありませんか?

 

実は夏疲れかもしれない症状

女性ホルモンの乱れによって起こりやすい不調は、夏疲れによって自律神経のバランスが崩れたことが根本原因かもしれません。具体的には月経不順、月経痛、倦怠感、不眠、ほてり、肌荒れ、下痢と便秘を繰り返す、口内炎などです。

 

女性ホルモンを考えた夏の過ごし方

冷やしすぎないことが大切です。外では素足でも、クーラーが効いた室内では靴下を履いてください。ひざ掛けや腹巻、ストールなどを活用するのも有効です。温かい飲み物や食べ物を選ぶのおすすめです。

 

夏疲れで女性ホルモンのバランスが崩れると、秋になっても不調が続きかねません。早いうちに対策を講じてください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/05/23-020686.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

冷房病は病院で診断されても治療してくれない!?じゃあ、病院で診断してもらう意味って?

     夏に体調不良を感じ、「夏バテかな?」と思って病院に行ってみると「冷房病...

意外な果物の効果~冷え性の人に向かない果物とは?健康と美容に役立つ食べ方をしよう

健康にも美容にも大活躍の食材が果物で、食べやすさから子供からお年寄りまで人気の...


夏の暑さ・寒さだけじゃない!夏には自律神経を乱す要因がたくさんあって冷房病になりやすい!

     夏は自律神経が乱れやすい季節です。自律神経は人が生きるペースを刻んでく...

だるさや頭痛は冷房病が原因かも?夏に起こる自律神経失調症

冷房病は、エアコンによる体が冷えた状態で暑い室外に出ることで、温度差に体がつい...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る