カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃炎(慢性・急性) >
  5. ストレスから急性胃腸炎を発症するさまざまな理由

気になる病気・症状

ストレスから急性胃腸炎を発症するさまざまな理由

急性胃腸炎の症状があるのに検査をしても異常が見つからないのは、ストレスが原因のストレス性胃腸炎であるケースが多いようです。中国には「胃は精神の住まい」ということわざがあり、ストレスと胃腸のはたらきには深いかかわりがあると考えられます。

 

ストレスによって急性胃腸炎を起こす理由について述べます。

  

急性胃腸炎のとき、胃の中はどうなっているか?

胃腸炎を起こしている胃の中は、胃酸の分泌が多い状態です。自分が分泌した胃酸で、自分の胃粘膜を傷つけてしまっています。そのような状態に至るには、いくつかの要因があります。

 

ストレスと自律神経

胃酸の分泌や胃粘膜の血流の過多は、自律神経のはたらきによって調節されています。ストレスは自律神経のバランスを崩して胃酸過多、胃粘膜の血流低下を招きます。その結果、胃粘膜が荒れて急性胃腸炎を発症します。

  

ストレスが元になっている行動・問題も急性胃腸炎の要因

ストレスがそのまま急性胃腸炎に直結するだけではありません。ストレスによって行動や体調が変化し、その結果として急性胃腸炎に至るケースもあります。

 

◆不眠

悩みや不安感で眠れなくなることもあるでしょう。自律神経は睡眠の影響を大きく受けます。睡眠時間が短い、昼夜逆転の生活になると自律神経のバランスが崩れやすくなります。

 

◆アルコール

ストレスを飲酒で発散するタイプの人は要注意。過度のアルコール摂取は、胃粘膜に大きなダメージを与えます。この場合、急性胃腸炎の直接的な原因はアルコールですが、根本原因はストレスであるといえます。

 

◆カフェイン

コーヒー・紅茶・緑茶などカフェインを多く含む飲み物も胃を荒らします。カフェインには鎮静作用があるため、ストレスが高じるとこれらの飲み物を欲することが多いようです。水分の摂りすぎも胃もたれの原因になります。

 

◆暴食

アルコールと同じく、食べてストレスを解消しようという人は危険です。刺激物や油っぽいものを食べると、特に胃腸炎のリスクが高まります。

  

ストレスは、体や行動にさまざまな影響を与えます。胃腸をいたわるためにも、ストレス解消が大切です。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃炎(慢性・急性)に関する記事

胃腸炎で処方される薬

    秋から冬にかけて流行するノロウイルスやロタウイスル等による感染性胃腸...

ストレスから「急性胃腸炎」を発症するさまざまな理由について!

急性胃腸炎の症状があるのに、検査をしても異常が見つからないのは、ストレスが原...


年末年始のアルコール摂取で急性胃腸炎になることも!?

  クリスマスや正月、忘年会や新年会など、何かと飲む機会の多くなる年末年始...

食べやすくて胃に優しい食事が大事!どうする!?急性胃腸炎後の離乳食&幼児食

離乳食や幼児食が必要な子どもが、急性胃腸炎になった場合は、その後の食事をどう...

カラダノートひろば

胃炎(慢性・急性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る