カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃炎(慢性・急性) >
  5. 急性胃腸炎の応急処置法!~主症状が嘔吐の場合について

気になる病気・症状

急性胃腸炎の応急処置法!~主症状が嘔吐の場合について

急性胃腸炎に多い症状が嘔吐です。最も酷い時には嘔吐を頻繁に繰り返し、苦痛を伴います。

 

少しでも楽になり、不快感を減らせるよう、嘔吐の応急処置法をまとめました。

 

嘔吐は我慢しない

食中毒など細菌性胃腸炎では、嘔吐で体内の有毒物質を排出することができます。他の急性胃腸炎でも、胃の中が空になったほうが楽になります。我慢せずに吐いてしまいましょう。

 

嘔吐を止める制吐剤という薬もありますが、有毒物質が体内にとどまって危険なので服用しないでください。

 

できるだけ安楽な状態で過ごす

ベルトや、女性のブラジャーなど体を締め付けるものは外します。ぴったりした服ではなく、ゆったりした服装が楽です。

 

横になったほうが楽に感じるなら、お腹の右側を下にして横になるのがお勧めです。胃の出口がお腹の右側にあるので、食べ過ぎ・胃酸過多の際には消化をスムーズにする効果があります。

 

吐いた後の処置

嘔吐したら、軽くうがいをして口中を清潔に保ちます。また、たくさんの水分が失われています。脱水症状に陥らないよう、水分補給をしっかりしましょう。

 

嘔吐している人の介助方法

子どもや高齢者など、家族が急性胃腸炎で吐いてしまったら、楽な体勢を取ってもらいます。吐いたものが喉に詰まる事故が起こらないよう、顔は横向きにして寝かせましょう。口の中に吐いたものが詰まっていたら、掻き出します。背中やお腹をさすると、楽に感じるでしょう。

 

胃が荒れているときに嘔吐すると、血が混ざっている場合があります。胃の粘膜が傷ついている可能性が大きいでしょう。少量なら、様子を見て落ち着いてから病院へ行きます。多量の血が混ざっている、顔面蒼白、意識朦朧など異常があるなら、すぐに受診してください。

 

急性胃腸炎による嘔吐は、ほとんどが1日~数日で治まります。水分を摂って、しっかり休んでください。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃炎(慢性・急性)に関する記事

急性ストレス性胃腸炎の治療薬ってどんなものがある?

              ストレス性胃腸炎とは、ストレスが原因で、胃腸の調...

食べやすくて胃に優しい食事が大事!どうする!?急性胃腸炎後の離乳食&幼児食

離乳食や幼児食が必要な子どもが、急性胃腸炎になった場合は、その後の食事をどう...


アルコール度数、飲酒量に注意!アルコール性の急性胃腸炎

飲酒が原因で起こる急性胃腸炎を「アルコール性胃炎」といいます。アルコールで急性...

別名「はきくだし」とも言われるウイルス性急性胃腸炎

  ウイルス性急性胃腸炎は、特に冬場に感染が多く、乳幼児や子供がかかりやすい病...

カラダノートひろば

胃炎(慢性・急性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る