カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. パニック >
  4. パニック障害の新しい治療法!オーソモレキュラー療法とは?

メンタル

パニック障害の新しい治療法!オーソモレキュラー療法とは?

一般的なパニック障害の治療法といえば、心理療法(認知行動療法)と薬物療法です。そんな中で、パニック障害への新しいアプローチ「オーソモレキュラー療法」が注目されています。オーソモレキュラー療法の概要を説明します。

 

オーソモレキュラー療法とは

摂取する栄養素の過不足をなくすことで、さまざまな症状の改善を図る療法です。詳細な血液検査を行い、その結果から、必要な栄養素を選択・摂取するよう指導します。この結果、薬剤の減量・中止が可能になるケースがあります。

 

パニック障害とオーソモレキュラー療法

パニック障害の原因ははっきりしていませんが、低血糖によるインシュリンの分泌異常が関係しているのではないかという説があります。食生活の乱れは、低血糖の一因です。そこでオーソモレキュラー療法によって、改善を目指します。

低血糖だけではなく、栄養障害がパニック障害をはじめとする神経症状の起因になっているともいわれます。鉄分・ビタミンB群・タンパク質の不足、低コレステロール血症などの栄養障害が問題になります。

 

低血糖チェックリスト

低血糖症を起こしている人に多い症状、行動パターンのチェックリストです。

以下の10項目中、3項目以上に該当する場合は、低血糖症の可能性があります。

 

・甘い菓子やジュースを毎日欠かさず飲食する

・空腹を感じておやつを食べることが多い

・夜中に空腹で目が覚め、ツマミ食いをする

・夕方になると集中力が落ち、強い眠気に襲われる

・体重の増減が大きい

・太りやすくなり、やせにくくなった

・甘いものを食べると、不安やイライラが治まる

・頭痛や手足のしびれ、動悸が甘いものを食べて治まったことがある

・抗うつ剤・精神安定剤を服用しても症状があまり改善しない

・身内に糖尿病の人がいる

 

パニック障害の治療をしてもなかなか効果がみられない人は、オーソモレキュラー療法を検討するのも一案ではないでしょうか。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/08/02-025704.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パニックに関する記事

パニック障害患者と接するときの注意点

  パニック障害からの回復は周囲の理解と協力なしには成り立ちません。きちんと回...

パニック障害にかかった有名人の克服法を知ろう

パニック障害の発症率は現在、2、3%と言われています。多くは乗り物に乗れない...


パニック障害の原因になりうる要素が多い?!芸能人のパニック障害!

インタビューや著書で、自身がパニック障害を患っていることを告白する芸能人・著...

パニック障害を克服するために~生活改善法~

  パニック障害はそれまでの生活態度のつもりつもった悪化が原因でなることが...

カラダノートひろば

パニックの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る