カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 予防・対策 >
  5. カビ >
  6. やっておきたいカビ対策!梅雨の時期、帰ってきたときに行うべきこと

アレルギー

やっておきたいカビ対策!梅雨の時期、帰ってきたときに行うべきこと

梅雨の時期は、ジメジメした高温多湿の期間が1ヶ月以上続きます。そのため、気づくと家の中にカビが繁殖している、そんな経験をした家も多いのではないでしょうか。カビの繁殖の原因の一つは湿度、すなわち空気中の水分の多さですが、この梅雨時、家から帰ってきたときに注意すべき点がたくさんあることをご存知でしたでしょうか。

 

1 ぬれたカサは家の中に持ち込まないようにしよう

玄関に濡れたカサが置かれていないでしょうか。玄関は台所や洗面所・浴室のように水を使う場所ではないにもかかわらず、湿気が貯まりやすい場所です。

なぜなら、ただでさえ靴が吸った汗が蒸発しているからです。ここに、雨で濡れたカサが持ち込まれたらさらに一層湿度が上昇してしまいます。濡れたカサはできるだけ外に置いておくほうが望ましいといえます。

もちろん、防犯上難しい場合はしっかりと水を切って、濡れたカサは雑巾など乾いた布で拭いておくと良いでしょう。

 

2 濡れた洋服はすぐに洗濯しよう!

梅雨時は雨で服が濡れるだけでなく、高温多湿により汗をかいて意外と衣服が外からも内からも濡れてしめっぽくなっていることが多いのではないでしょうか。

こうした濡れた衣類はリビングに持ち込む前に、そのまま洗濯機の前に直行して、脱いでしまいましょう。下着も汗などで濡れていたら合わせて脱いで、できることならそのままお風呂を浴びてしまったほうが効率的かもしれません。

ポイントは出来る限り室内に濡れたものを持ち込まない、ということです。

 

3 意外と気づいていない洗濯機のカビ

室内のカビの原因は、実は洗濯機から来ている場合があります。洗濯機の洗濯槽を定期的に掃除しているでしょうか。洗濯槽にカビが発生していると、カビが洗濯物にも移り、そこからカビが様々なところに繁殖している可能性もあります。できるだけ、洗濯槽クリーナーなどを用いて掃除をしましょう!

 

以上のように、様々な方法で湿気などのカビの原因は室内にやってきますので、一つ一つしっかり対応することでカビの繁殖を防ぎましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

カビに関する記事

布団をどけたらカビが・・・?!

  寝るときに使用する寝具はたくさんあります。ベッドを使っているという人もいれ...

加湿器によって部屋の中にカビが!カビを発生させないための加湿器の使用法

  冬になると乾燥対策や風邪対策として加湿器を使う家庭は多いと思います。しかし...


梅雨のカビは皮膚の上でも増殖!体のどんな場所で、カビによるトラブルが起こるの?

  梅雨は皮膚の上でもカビ菌が勢力を増します。具体的にどの部分でカビ菌が繁殖し...

加湿器が原因でカビが繁殖!?

  冬になると湿度が下がり空気が乾燥してしまう。そんなときは加湿器の出番ですよ...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る