カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. ノロウイルス >
  5. 梅雨時も気をつけよう!ノロウイルスによる食中毒 特に気をつけたい原因食品はこれだ!

気になる病気・症状

梅雨時も気をつけよう!ノロウイルスによる食中毒 特に気をつけたい原因食品はこれだ!

冬場に多く発生するノロウイルスによる食中毒ですが、梅雨時期も気をつけなければいけません。今までかかったことのない人もしっかり勉強しましょう。

 

ノロウイルスとは

ノロウイルスとは、ヒトの小腸粘膜内で増殖するウイルスで、2002年8月に国際ウイルス学会で命名されました。それまではSRSC(小型球形ウイルス)と呼ばれていました。ノロウイルスは85から90度以上で90秒間以上加熱することでウイルスは感染力を失います

 

ノロウイルスによる食中毒の原因食品には何があるか

ノロウイルスによる食中毒の原因となる食品には、ノロウイルスに汚染された食品として、特にカキに代表される二枚貝が多いとされています。

東京都の調べによれば生カキを食べて食中毒になった患者のおよそ7割からノロウイルスが検出されています。

 

他に感染者のくしゃみ、便や吐しゃ物といったものに接触したり、飛散したものから二次感染を起こす場合があります。

感染者がトイレに行った後手洗いが不十分なまま料理をしてしまうと食品がウイルスに汚染してしまうという可能性もあるのです。

 

ノロウイルスによる食中毒の症状

ノロウイルスがカラダに潜伏している時間はおよそ24-48時間となっており、主な症状としては、発熱、腹痛、下痢、吐き気があります。通常の場合3日以内に回復します。

ノロウイルスに汚染された食品を摂取したからといって、発症しない人もいますし、逆に疲労などで抵抗力が落ちている人や乳幼児、高齢者は数百個程度のウイルスであっても発症する可能性がありますので、注意が必要です。

 

ノロウイルスを予防するためには、食材を十分に加熱するだけではなく、トイレの後や調理の前の手洗いなどをしっかり行うことが重要です。

(Photo by:足成 )

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

ノロウイルスに関する記事

子供は嘔吐、大人は下痢が多い!ノロウイルスの様々な症状

  小さい子供や高齢者がノロウイルスにかかり、死亡するという事例を耳にしたこと...

マスクと手袋必須!二次感染の危険が高い汚物処理の方法

  ノロウイルス二次感染の危険として、注意して行わなければならないのが、感染者...


ノロウイルスの予防には次亜塩素酸

  激しい腹痛や下痢、嘔吐で苦しむノロウイルスによる胃腸炎。 近年、感染...

冬場に猛威をふるう!ノロウイルス

  ノロウイルスという言葉は非常によく知られるようになりました。ノロウイルスは...

カラダノートひろば

ノロウイルスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る