カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. O-157 >
  5. 死亡リスクもある!?夏前に知っておきたいO157の特徴について

気になる病気・症状

死亡リスクもある!?夏前に知っておきたいO157の特徴について

 

夏は楽しい季節ですが、同時に食中毒には注意したいもの。特に最近ニュースなどでもたびたび報道され、死者も出ているO157について、夏が来る前にしっかりと理解しておきましょう。

 

O157とは

O157は大腸菌の一種で、O抗原が157番であることから、O157という名称で呼ばれています。大腸菌そのものは、その名前の通り大腸に生息する菌の総称で、ほとんどが人体にとって無害です。

しかしながら、中には人体に有害な病原性大腸菌があります。その中でO157は腸管出血性大腸菌と呼ばれる種類に属します。

 

O157の強い感染力

O157は感染力の強さがその特徴で、わずか100個程度のO157がカラダに入っただけでも食中毒の症状が発生します。通常の食中毒原因菌だと100万個以上であるのと比べて、はるかに強い感染力です。

 

O157の強い生存能力

O157は生存能力が高いことでも有名です。まず低温にも強いため冷蔵庫の中でも生きることができます。

また、酸性にも強いため口から食物などと一緒に入ったO157が胃酸に負けることはありません

 

感染経路

O157の感染経路としては、牛や羊、豚などの肉をまず挙げることができます。

これらの動物の大腸をすみかにしているため、食肉用に加工する際に大腸にいたO157が肉の部分に付着する可能性があります。また、人から人への感染も確認されており、できるだけ発症した人間に接触しないことが重要です。

 

唯一の弱点は熱

O157の弱点は熱です。75度以上で1分間加熱すれば死滅します。そのため、焼肉などを食べるときは、しっかりと加熱して食べることが重要なのです。

 

O157は少量でも感染することから、非常に感染力の強い食中毒原因菌の一つです。

初夏から初秋にかけて猛威を振るいますので、くれぐれも気をつけましょう。

(Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

O-157に関する記事

子どもがかかりやすい!腸管出血性大腸菌が持つベロ毒素が引き起こす病気"HUS"に気をつけて

腸管出血性大腸菌の問題となるのが、ベロ毒素というものです。このベロ毒素とはいっ...

人から人への感染も!非常に強い感染力をもつO-157の特徴とは

  「出血性大腸菌O-157」と、よく聞いたことがある名前としては、O-157...

カラダノートひろば

O-157の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る