カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. その他 >
  4. 脱毛・抜け毛 >
  5. ストレスが原因ではなく、自己免疫疾患から発症する『円形脱毛症』とは?

気になる病気・症状

ストレスが原因ではなく、自己免疫疾患から発症する『円形脱毛症』とは?

ストレスが原因ではなく、自己免疫疾患から発症する『円形脱毛症』とは?

『円形脱毛症』は従来ストレスが原因と考えられてきましたが、近年ではその原因はストレスや寝不足、アレルギー疾患、自己免疫疾患(膠原病)、自律神経障害など様々であると言われています。

 

 

この中でも近年注目されているのが『自己免疫疾患』による円形脱毛症です。

 

治療法には、免疫細胞の活動を抑制する『局所免疫療法』が主に行われています。以下ではその詳細について見て行きたいと思います。

 

自己免疫性の円形脱毛症とは?

<自己免疫疾患によってなぜ毛が抜ける?>

自己己免疫病とは、本来ウイルスや異物から防衛する機能を持った免疫細胞が、自身の組織を「異物」と誤って認識し、攻撃するという病気です。円形脱毛症は、リンパ球が誤って毛根を異物と認識して攻撃し、毛根が炎症を起こして脱毛にいたるという機序によるものです。

 

『局所免疫療法』の詳細について

局所免疫療法は、主に症状が固定期に入ると実施されます。

 

<進行期にはステロイド剤を使用>

16歳以上の進行期の患者の場合、ステロイドの塗り薬や注射、内服薬を使って免疫細胞の活動や炎症を抑えます(16歳以下は、塗り薬のみ)。その他、3日間入院してステロイドを大量に点滴するパルス療法もあります。

 

<固定期には局所療法>

固定期の場合は、局所免疫療法が有効とされています。脱毛を起こした皮膚にかぶれを起こす薬(SADBE:squaric acid dibutylester)を塗り、正常なリンパ球を引き寄せて自己を攻撃する異常なリンパ球を抑え、炎症を鎮めるというものです。

 

この治療によって有効率は60~70%で回復するといわれています。

 

実際の施術とは?

以下の手順で行われます。

 

1)『SADBE剤2%溶液』を頭部の脱毛部に貼りつける。約48時間後に剥がし、通常通りシャンプーや石鹸で洗い流す。1~2週後、正常な免疫が活動し始めると、同部が赤く腫れる(感作成立)。

 

2)施術2~3週後より頭部全体に薬剤を塗る。通常2万分の1という低濃度から外用を開始し、徐々に濃度を上げていき、少し反応が感じられる程度(やや痒い、少しフケが出る、頭皮がやや赤みを帯びる)が適正濃度となる。その後2~3週に1度塗布を繰り返す。

 

3)効果判定を濃度決定後の1~2ヶ月後に行う。

 

4)発毛が認められる場合、2)の手順を継続する。毛髪が生えそろったら徐々に外用回数を減らす(間隔をあけていく)。

 

<副作用>

◆強いかぶれ、全身のかゆみ

特にアトピー性皮膚炎を罹患の場合。外用ステロイド剤や内服薬を投与する。

◆蕁麻疹

軽症の場合は抗ヒスタミン薬の内服を併用しながら外用を続ける。

 

『局所免疫療法』は、上記のように主に慢性期の多発性~全頭型円形脱毛症が適応とされ、世界中で行われている治療法と言われていますが、日本においては、未だ保険適用とはなっておらず、認知度も低いのが難点です。

 

しかし、適応となった場合には高い有効性が認められており、疑われる場合は一度診察を受けてみることが勧められています。

 (photoby://pixabay.com/

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脱毛・抜け毛に関する記事

抜け毛は病気のサイン 女性の抜け毛の原因とは?

  抜け毛は様々な体の変化によって症状として現れます。 女性の場合、妊娠...

抜け毛は病気や体調不良のサイン!?脱毛症の種類を知ろう

    抜け毛、といってもただ単に毛が抜け落ちるということだけではすまさ...


秋になって薄毛になってる?!気になる秋の抜け毛の解消には○○がおすすめ!

秋になると急に抜け毛が増えたような気がする、という方も多いかもしれません。 こ...

脱毛トラブルは改善できる!脱毛しやすい人はこんな人!

    様々な体調変化やストレス、外的要因によって脱毛トラブルは発生しま...

カラダノートひろば

脱毛・抜け毛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る