カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. O-157 >
  5. O157を正しく理解して、正しく予防しよう!O157に感染したら…感染経路は食肉類、人から人

気になる病気・症状

O157を正しく理解して、正しく予防しよう!O157に感染したら…感染経路は食肉類、人から人

たびたび死者が出るO157による食中毒ですが、正しい知識をもって、正しく対処すればそれほど恐れることはありません。

具体的にO157からどのような症状が発症するのか、そしてどのような予防策があるのでしょうか。

 

O157に感染した際の代表的な症状

1 下痢・腹痛

感染者のおよそ半数は激しい腹痛を伴った下痢が頻繁に起こります。そして、血便が出るようになります。

抵抗力の強い成人は、無症状の場合や軽い下痢を引き起こす場合もありますが、これらの便には菌が混ざっていますので、家族など周囲に感染を広げないよう、しっかりと手洗いをすることが重要です。

 

2 溶血性尿毒素症症候群

O157はベロ毒素を出す特徴をもち、このベロ毒素によって引き起こされる可能性があるのが、溶血性尿毒素症症候群です。

これは、倦怠感、むくみ、の他、幻覚・けいれんといった中枢神経異常が含まれ、これらは下痢や腹痛の後数日後から2週間後に起こります。

 

O157への正しい対応

1 感染経路の一つは食肉類

第一の感染経路は食肉類です。牛や豚などがO157を保菌しており、食肉にO157が付着している場合があります。

しかし、O157は熱に弱いので、しっかりと加熱(75度以上1分間)すれば、死滅するので、特に夏場の焼肉はしっかり加熱して食べましょう。

 

2 もう一つの感染経路は人から人

第二の感染経路は人から人です。感染力が強いため、便などを通じて感染する可能性があります。感染してからでは遅いので、感染している人はもちろんのこと普段からトイレの後、帰宅時の手洗いは入念に行いましょう。

その際に、逆性せっけんやアルコールがおすすめです。これらは殺菌力が強く、O157はこのような殺菌力の強いものに弱いのです。

 

 

O157は感染力が強く、深刻な症状になる場合もあり危険ですが、日ごろからしっかり気をつけていれば防ぐことができますので、これからの季節は特に注意を払っていきましょう。

(Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

O-157に関する記事

O157などの食中毒を起こす腸管出血性大腸菌は野菜類にも存在する!?

   O157などの腸管出血性大腸菌による食中毒が起こる際に原因菌がついている食...

食中毒にかからないために!O-157対策のポイントは「加熱」

  ノロウィルスと並んでよく耳にする食中毒の原因、O-157(オーイチゴー...


素手はもちろんNG!丈夫なマスクと手袋を使って、腸管出血性大腸菌感染者の○○の正しい処理法

夏は気温が高く、食べ物が腐りやすいことから、食中毒に対して十分な注意が必要な季...

油断は禁物!食品以外の感染経路 O-157を虫が運ぶ!?

  O-157をはじめ、食中毒の原因としては、その名の通り、食べ物から菌を...

カラダノートひろば

O-157の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る