カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 食中毒 >
  4. 食中毒のリスクが高い夏は特に注意しよう!お弁当を作る際の注意点

気になる病気・症状

食中毒のリスクが高い夏は特に注意しよう!お弁当を作る際の注意点

夏は食中毒のリスクが高い季節です。子供やお父さん、自分のためにお弁当を作る場合にはどのような点に気をつければ良いでしょうか。

食中毒予防の三大原則を踏まえた上でお弁当を作るときの注意点を見ていきましょう。

 

食中毒予防の三大原則

1「付けない」

食中毒予防の第一歩は調理時に清潔さを保ち食中毒菌がつかないようにすることです。食材はまず新鮮なものを選びましょう。そして、調理前には必ずしっかり手を洗います。また、調理器については洗浄と消毒はマメに行いましょう。

 

2「増やさない」

食中毒の原因となる菌を増やさないことも食中毒予防の原則です。菌が増える条件には、栄養・水分・時間・温度など様々なものがありますが、以下の点を重点に気をつけましょう。

 

※作ったお弁当はできるだけ早く食べましょう

食品の保存温度を上げないためにも、お弁当の具材を作ったときは、それぞれを十分に冷やしてからいれるようにしましょう。

 

3 「菌を殺す」

ほとんどの食中毒の原因菌は熱に弱い性質を有しています。そのため、食材を調理する際にはしっかりと加熱して菌を殺しましょう。十分に加熱することがポイントです。

 

お弁当作りにおけるポイント

ご飯・おにぎり

・おにぎりを作るときは、ラップを用いて握りましょう。

・ご飯の上に卵や肉をのせるといたみやすいので避けましょう

・酢には殺菌・抗菌作用があるので、酢飯は食中毒予防には効果的です

・おにぎりの海苔もいたみやすいので、おにぎりが冷めた食べるときに巻くほうが良いでしょう

 

おかず

・おかずはご飯と一緒にいれずに別々の容器に入れましょう

・おかずは十分に冷めてからお弁当箱につめましょう

・ちくわ・かまぼこといった半加工食品などはいたみやすいので加熱調理しましょう

 

夏は普段とは気をつけなければならないことがいっぱいです。以上の注意点を守って美味しいお弁当を作りたいですね。

 

(Photo by:足成 )

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食中毒に関する記事

食中毒は夏だけじゃない!油断してませんか?秋ならではの食中毒…○○には注意!

食中毒と言えば、なんとなくではありますが、夏に起きやすいというイメージを持って...

触ってもいけない毒キノコ「カエンタケ」!見つけたら食べず、触らず、連絡を!

  奈良、山形、京都、これらの場所で見つかっている猛毒のキノコがあります。カエン...


実は夏ではなく秋の方が多い!?秋は「食中毒が多い時期」注意したい3つのヒミツ

食中毒というのは、高温多湿な環境を好む夏に発生しやすいです。ですが、だから秋に...

もう毒キノコのカエンタケってどんなキノコ?触ると?食べると?どんな症状が出るの?

  今日本の各地で目撃されている、「カエンタケ」という猛毒のキノコを知っているで...

カラダノートひろば

食中毒の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る