カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 保湿 >
  5. 夏の保湿のキーワードは"インナードライ"対策!インナードライケアのポイントは洗顔と保湿!

美容・ダイエット

夏の保湿のキーワードは"インナードライ"対策!インナードライケアのポイントは洗顔と保湿!

夏は冬と異なり、汗や皮脂がたくさん分泌されるため感覚的には肌が潤っているように感じる人も多いかもしれません。しかし、表面的に肌はテカっていても、内側が乾燥している、インナードライの可能性もあります。

では、夏のインナードライのケアのためにはどのようなことをすればよいのでしょうか。

 

インナードライケアのポイントは洗顔と保湿!

インナードライの肌をケアする際のポイントは洗顔と保湿です。洗顔においては、洗浄力が強い洗顔フォームは避けたほうが良いでしょう。肌の必要な油分まで取り除いてしまう可能性があるからです。

そして、洗顔をする際にはしっかりとあわ立てネットや手で泡立てて、肌をやさしく包み込むようにしましょう。

 

化粧水や美容液の選び方

次に保湿ですが、化粧水はアミノ酸などの水溶性の水分を含んだもの、そして美容液では保湿力が強いセラミドなどを含んだものを選ぶと良いでしょう。

保湿クリームを使っている人もいますが、保湿クリームの選び方としては、油分が多く含まれているものは避けたほうが良いでしょう。

 

ベタつきを防ぐ夏の保湿法

インナードライケアをする場合、どうしても夏場はベタつきが気になります。皮脂の分泌が多いと感じたら、オイル分の少ない化粧水・美容液に変えて、さっぱりしたタイプを使いましょう。

理想としては秋・冬と春・夏の化粧水・美容液を変えるのが望ましいといえます。

 

乳液やクリームはどのようにつけるべき?

乳液は工夫次第で、ベタつきを防ぐことができます。乳液を手にとったときに、両方の手のひらであたためましょう。そうすることで肌になじみやすくなり、つけたときにベタつきを感じにくくなります。

 

以上のように、夏に起こりやすいインナードライケアをしっかり行って、秋以降のスキンケアにつなげていきましょう。

(Photo by:足成 )

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保湿に関する記事

肌の乾燥は塗るだけではだめ!保湿剤の効果について

  健康な肌の「しっとり」した潤い。これを維持するには、保湿剤を塗るだけの対処...

意外と見られているかもしれない?あなたの手は大丈夫ですか?

  お顔のスキンケアは入念にすることは若々しく見える一つの方法ですが、人...


これだけはやっておこう!夏の肌の保湿のポイント~洗顔・化粧水・美容液の使い方~

夏は湿度が高いので、保湿をしなくても大丈夫!乾燥しない!などと思いがちですが...

自分にあった保湿剤で肌を保護しよう

  ハンドクリーム、リップクリーム、ボディーオイル、…保湿に効果があるもの...

カラダノートひろば

保湿の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る