カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. 萎縮性膣炎 >
  6. 光老化の原因、紫外線について理解しよう!光老化を防止する日焼け止めはこれだ!

女性のカラダの悩み

光老化の原因、紫外線について理解しよう!光老化を防止する日焼け止めはこれだ!

夏は紫外線が強くなる時期でもあり、それと同時に光老化に対する心配も増えてくるのではないでしょうか。光老化の原因は日光、その中でも紫外線です。

しかし、紫外線は目に見えるものではなく、なかなか実感がつかめないのですが、紫外線とは具体的にどういうもので、どのような影響を与えるのでしょうか。

 

紫外線が来るメカニズム

太陽はその中心部で水素が核融合することによって、ガンマ線を発生させています。しかし、ガンマ線は電子や陽子の影響を受けてまっすぐな光線として発せられず、太陽内で曲がって様々な方向に行きます。

そのとき近くにある太陽ガスに吸収されるとエックス線となりまた放出されます。

この太陽ガスを介した吸収・放出を繰り返してようやく太陽の外縁に達したときには、もともとのガンマ線の頃の周波数よりもはるかに小さいものとなり、そこで可視光線・赤外線・紫外線へと変わり、地球へと降り注がれるのです。

 

紫外線には実は3種類ある!

紫外線と一口にいっても実は3種類あります。紫外線はその波長の長さごとに分類され、それぞれA波、B波、C波と呼ばれています。

A波の波長が最も長く、C波はオゾン層を通過中にほとんど吸収されてしまい、地表まで届くのはA波とB波です。では、これらの紫外線はカラダにどのような影響を与えるのでしょうか。

 

A波とB波の特徴とは?

B波は主に日焼けの原因となります。B波はA波よりもエネルギーが強く肌表面の細胞を傷つける性質があり、結果として日焼けで肌が赤くなったり、水ぶくれができたりするのはB波を受けたことによるものです。

 

A波が光老化の原因!

A波はむしろ、皮膚の奥深くまで達することで肌の深層細胞に影響を与えます。これこそが光老化の原因なのです。A波はメラノサイトを増やし、異物を感知してくれるランゲルハンス細胞を減らす効果があるのです。

 

光老化を防止する日焼け止めは「PA」を!

ではA波を防ぐためにはどうすれば良いでしょうか。

日焼け止めが最も効果的な光老化を防止する手段ですが、気をつけなければならないのはA波から肌を守ってくれるものを選ばなければいけないということです。

SPFとかPAなど日焼け止めの効果について書いてありますが、PAがA波を防ぐ力を表すので、PAについて表記された日焼け止めを購入しましょう。

 

光老化の原因である紫外線と一口でいっても、太陽からどのようにやってくるのか、そしてどのような種類があるのか知らなかった人も多いのではないでしょうか。

 

(Photo by:足成 )

著者: delencyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

萎縮性膣炎に関する記事

女性ホルモンの低下で起こる萎縮性膣炎!閉経前後で体調を見直そう

  膣炎というと、体の中の膣と言う場所が炎症か何かを起こしているのだろうなと想...

萎縮性膣炎の予防にはプラセンタが良い!?ホルモンの分泌を調節してくれるんです!

  女性器は高齢になると退行期に入ります。それに伴って見られるのが退行期疾患と...


夏は光老化に注意!光老化によって老化がさらに進む!?光老化と紫外線の関係について

夏は日差しが強く日焼けの心配をする人は多くいますが、光老化について気にしてい...

油断しやすい梅雨こそ光老化対策を忘れないで!梅雨の紫外線対策はこれで対策!

人は誰しも、年齢を重ねると共に肌のハリや弾力が失われ、シワやたるみができてい...

カラダノートひろば

萎縮性膣炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る