カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 陰部 >
  5. 萎縮性膣炎 >
  6. 夏の光老化の原因である"紫外線A波"に要注意!A波を防ぐにはどうしたらいい?

女性のカラダの悩み

夏の光老化の原因である"紫外線A波"に要注意!A波を防ぐにはどうしたらいい?

夏は紫外線が強い季節ですが、特に光老化を防止する上でも紫外線A波に注意が必要です。それでは、このA波はどのような影響を肌に与えるのでしょうか。

 

紫外線A波に要注意!

地表に降り注ぐ紫外線にはA波とB波があります。日焼けの原因となるのは主にB波です。A波は肌に急激な影響を与えません。

しかし、近年の研究において、シミやそばかすの原因となるのがA波であることがわかってきたのです。

 

紫外線A波の特徴とは

紫外線A波はB波と異なり波長が長く、肌の奥深くまで到達します。肌の内部の真皮部分は新しい肌を作る大事な部分であると同時にコラーゲンやエラスチンと呼ばれる肌の保湿と弾力性に重要な役割を果たす物質が存在する場所でもあります。この部分に紫外線A波は到達して、これらの物質を変性させていくのです。

 

曇りの日も要注意!

紫外線A波はB波と比べて大気中のオゾン層を通り抜けやすく、地表に降り注がれる量を比べるとB波よりも20倍も多いとされています。

また、雲や窓ガラスを容易に通りぬけるため、曇りの日や晴れた日に屋内で太陽を浴びていても、紫外線A波はあなたの皮膚の奥深くまで到達しているのです。

 

光老化による肌の老化とは

紫外線によらずとも人は年を重ねるにつれて肌が老化していきます。そのときは弾力性の低下が見られるのですが、光老化の場合は、若干異なります。光老化による肌の老化特徴は、肌の表面がゴワゴワし、深いシワやシミが見られることです。

 

光老化を防ぐ方法はこれだ!

光老化を防ぐためには、まずしっかりと日焼け止めを塗ることです。このときPAという紫外線の中でもA波から皮膚を守るものを選びましょう。そして、次に大事なのは保湿です。乾燥した肌の方が紫外線のダメージを受けやすいといわれています。しっかりと保湿をしましょう。

そして、大事なのはビタミンCの摂取です。ビタミンCは紫外線から受けたダメージを回復する上で必要な栄養素ですので、意識的に摂取すると良いでしょう。最後に、これらの対策を冬になってもも行うことです。光老化の原因となるA波は年中通じて同じくらいの量が降り注ぎます。冬になっても油断大敵です。

 

光老化の原因である紫外線A波は曇りの日でも地表に降り注がれ、室内や車内にいても太陽光に当たっていたらそのダメージを受けるということをしっかりと覚えてしっかりと対策をとりましょう。

 

(Photo by:足成 )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

萎縮性膣炎に関する記事

夏に肌はより紫外線を吸収してしまう!光老化の原因と対処法とは?

皆さんは“光老化”という言葉を聞いたことがありますか?夏場に紫外線を浴びること...

別名老人性膣炎!萎縮性膣炎の治療では対処両方も大事です!

  老人性膣炎と言われる疾患があります。老人性と言われてしまうと高齢の方にしか...


萎縮性膣炎の予防にはプラセンタが良い!?ホルモンの分泌を調節してくれるんです!

  女性器は高齢になると退行期に入ります。それに伴って見られるのが退行期疾患と...

光老化が及ぼす、シミ・シワとの深い関係とは?若いうちから紫外線対策をしっかりしよう

紫外線を浴びてしまうと、肌には様々な悪い影響が起きてしまいます。光(紫外線)を...

カラダノートひろば

萎縮性膣炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る