カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. その他 >
  4. 水毒症 >
  5. 夏は水分過多に要注意!漢方医学における水毒とは?

気になる病気・症状

夏は水分過多に要注意!漢方医学における水毒とは?

水分過多になるとむくみが発生しがちになりますが、こうした水分過多は漢方医学においては、水毒と言われています。

 

では、この水毒とはどのような症状を指すのか、そしてどのような漢方が効くのでしょうか。

 

水毒とは

漢方医学の世界において、水毒とは人の体の中に水分が必要以上に溜まってしまい、排出されないことで発生してしまう症状を指します。むくみ以外には以下の症状も水毒の症状とされています。

 

・頭痛

・めまい

・アトピー

・鼻炎

・ぜんそく

・疲労感

・頭重感

 

水毒に特徴的な症状とは

水毒の症状として特徴的なものには以下のようなものがあります

 

・水分をしっかりと摂取しているにもかかわらず、1日の排尿の量が極端に少ない場合

・臍の上部分を触った場合に脈動を感じる場合

・食事と食事の間にお腹の辺りを軽くたたいた場合に、チャプチャプという水の音が聞こえる場合

 

水毒の原因とは

水毒の原因には様々な点が指摘されていますが、大きな原因の一つは水分の代謝不足です。つまり、摂取された水分は老廃物と共に体外に排出されなければいけませんが、この排出する機能が低下してしまうと体内に水分が余剰にたまりやすくなってしまうのです。

 

これらを司っているのは自律神経なので、自律神経の調整作用が弱まっていることが原因といえます。

 

日本独特の水毒になりやすい環境

日本は気候的にも水毒になりやすいといわれています。なぜなら日本は一般的に多湿の環境で、梅雨から夏にかけて高温多湿になることから、体内の水分が排出されにくい環境だからです。

 

漢方で水毒症状の改善を

こうした水毒の症状改善のためには、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)という漢方が良いとされています。この漢方には、自律神経系の調整作用があります。

 

以上のように、むくみを症状の一つにもつ水毒は漢方医学の世界ではポピュラーな症状の一つで、自律神経系に効く漢方で症状の改善が期待されるのです。 

(Photo by://www.ashinari.com/ )

著者: delencyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

水毒症に関する記事

あなたは水分を多く摂りすぎていませんか?水分の適正量は「尿の回数」と「尿の色」を見る!

  夏は場合によっては水分を過剰に摂取しすぎてしまって、水代謝が悪くなったり、臓...

上手な水分補給の仕方を知ってる?暑いからガブガブ一気飲みは水毒病を呼ぶ危険な飲み方!

  暑い夏にはのどが渇いて、ゴクゴクと喉を通っていく冷たい水分の感覚が気持ちがい...


五苓散や当帰芍薬散、茵蔯五苓散など…水毒病を改善するのにおすすめの漢方!

   水毒病とは水分を過剰に摂取しすぎて体の中に水分が溜まり、体が冷えたり、代...

自分にとって一番効果の高い漢方を探そう 水毒病に効く漢方って?

   水毒病とは水分をとり過ぎ、体が冷えて代謝がおちたり、むくんだりする症状を...

カラダノートひろば

水毒症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る