カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 予防 >
  5. 生活習慣 >
  6. 血管年齢を若返らせる習慣

生活習慣病

血管年齢を若返らせる習慣

 

血管の状態がその人の寿命を決めると言っても良いぐらい、血管の疾患は命に直結しています。

日本人の死因の多くが血管に関わる病気によるものです。

 

その血管の状態を表す血管年齢という基準があります。通常ならば実年齢と血管年齢は同じでなくてはならないのですが、間違った生活習慣などで高血圧となりと、この血管年齢が上がっていき実年齢を引き離してしまうのです。

 

そのため、驚くほど若い世代で高血圧の傾向が強く、血管病が引き起されるリスクが高まっています。

血管病によって死ぬリスクを回避するには、この血管年齢を若返らせ、実年齢と同じ、そしてそれよりも若くしていく必要があるのです。

 

 

■血管の若さを削る危険因子

 

●高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満

 

血管に大きな負担を与える原因となる。

 

●偏った食生活、塩分過多

 

摂取した栄養を運ぶのが血液の役目であり、その方よりは血液の状態を悪化させ、血管に負担を与える。

 

●生活習慣の乱れ

 

血液の流れは、人の生活リズムによって調整されている。生活のリズムが乱れると、血流も乱れ、血管に大きな負担を与えやすくなる。

 

■血管年齢が高ければ高いほど、血管病のリスクが高まります。

つまり、実年齢が若くても血管年齢が高ければ血管病で倒れる危険があり、実年齢が高齢でも血管年齢が低ければ、血管病になる心配は無いと言うことです。

血管病は非常に危険な病気かりで、死ななくても寝たきりになる可能性も高く、何としても回避しなくてはなりません。

 

 

(Photo by //www.photo-ac.com/main/detail/1284?title=%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%80&c_id=5)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する
おすすめ記事

ストレスが血圧を上昇させる!ストレス解消をして血圧をコントロールしよう

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

ストレスは、血圧の上昇と深い関連があります。ところが血圧が高めで、食事などに気をつかっている人でも...

睡眠不足の隠れた影響!?「よい眠り」は高血圧・糖尿病を予防する!

  1. 生活習慣病
  2. 高血圧
  3. 予防
  4. 生活習慣

人間は一生のうちの3分の1~4分の1の時間を、「睡眠」に費やしています。 ですが、実際には熟睡して...

生活習慣に関する記事

血管を揉む?!硬い血管を拡張する簡単な血管マッサージ方法

    血管は加齢と共に老化し、堅く狭くなって血圧がどんどん高くなってしまうのは...

睡眠不足の隠れた影響!?「よい眠り」は高血圧・糖尿病を予防する!

人間は一生のうちの3分の1~4分の1の時間を、「睡眠」に費やしています。 です...


血圧は冬場の方が高い!?気温により血圧が変動する仕組みと対策について

    血圧は気温に左右されやすく、気温が低いと血圧が上がります。冬場は特に...

血圧は気温で変化!寒い季節は室内の温度差にも注意!

  高血圧で注意したいことの一つに温度差というものがあります。 特に...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る